女子日本代表

女子日本代表

2021/07/25

赤穂ひまわり

赤穂ひまわり

赤穂ひまわり
SF/185cm
デンソー アイリス

 

[東京2020 女子日本代表の横顔]

アグレッシブに攻める若きオールラウンダー

 

 185cmという恵まれたサイズを持ちながら、速攻の先陣を切る走力を備えアウトサイドのプレーも得意な赤穂ひまわり。長い手足から繰り出されるドライブはしなやかかつダイナミックで、見ていてそのサイズを忘れてしまうほど器用なオールラウンダーだ。

 両親ともに元バスケット選手というサラブレッドで、現在姉のさくらは同じデンソー・アイリスに所属、双子の兄・雷太はBリーグの千葉ジェッツ、妹のかんなは日体大でプレーしている驚異のバスケ一家。2歳上の姉を追い掛けるように、ひまわりも中学から親元を離れて千葉県の強豪、昭和学院中・高に進むと、早くから全国トップレベルで活躍してきた。

 そのオールラウンドなスタイルから将来を期待され、自チームだけでなく日本代表チームとしての経験も豊富だ。U16からU19までアンダーカテゴリーの日本代表としてプレーし、20歳になった2018年にはA代表に入ってワールドカップに出場。そのときは平均7.2分の出場時間にとどまったものの、世界のレベルの高さを肌で体感し、貴重な経験を積んだ。そしてその翌年には、アジアカップのロスターに入ってチーム最年少ながら全試合にスタメン出場。代表チームで本格的に2番ポジションを任せられるのはこの大会が初めてだったが、ダイナミックなドライブや柔らかなシュートを武器に平均11・6得点を挙げる堂々のプレーを見せ、日本のアジア4連覇に貢献した。

 この頃から、赤穂は自身のプレーに変化があったと振り返る。アジアカップを戦いながら「あまり迷うことがなくなりました。アグレッシブにいくことを学び、自分のプレーを少し理解できたことが収穫。少し自信が付いたかなと自分では思います」。積み重ねた経験値と手応えが彼女に自信を芽生えさせ、プレーにますますの力強さを与えていたのだ。

 来たるオリンピック、渡嘉敷来夢(ENEOSサンフラワーズ)の戦線離脱などにより例年に増して小さい布陣となることから、「本当は2番ポジションで使いたいのですが、3番で使う可能性もある」とトム・ホーバスHC。再びポジションを落として臨む決戦の舞台、飛び込みリバウンドや長身プレーヤーに対するディフェンスなど、赤穂に求められる仕事は増えるだろう。ただ、そこは「ひまわりにはまだまだポテンシャルがある」と懸念よりも期待を語るホーバスHC。これまでプレーの幅を広げてきた経験は、ポジションが変わっても必ずや生きることだろう。

「自国開催である東京オリンピックに出場できることはすごく特別なことだと思うので、選んでいただいたことに満足するのではなく、大舞台で結果を出せるように頑張ります」と赤穂。代表メンバーに定着し、頼もしさすら覚える22歳は、戦いの時を見据えて闘志を燃やしていた。

(中村麻衣子/月刊バスケットボール)

  • ロックアイスx千葉ジェッツ「千葉から世界へ」
  • zamstインタビュー「戦い続けるために目標に向かって」
  • 大神雄子「気持ちを届ける、想いを託す」
  • ウインターカップ2021
  • 全中2021
  • インターハイ2021
  • 月バスカップ2021-u15
  • 自費出版のご案内