NBA

NBA

2019/06/21

日本人初の1巡目指名! 八村塁、夢のNBAの舞台へ

 

 2016年5月13日、成田空港に「ワクワクして仕方ないです」と、期待に胸をふくらませた八村塁がいた。シアトル行きの飛行機に乗って日本を発ったあの日から、1134日。密度の濃い3年間を経て一回りも二回りも成長した八村は、2019年6月21日、ワシントン・ウィザーズに1巡目全体9位指名を受け、日本のバスケットボール界に新たな歴史を作り出した。

 

 

 

“Rui Hachimura!”

名前が呼ばれた瞬間、うつむいていた八村は満面の笑みで顔を上げ、空を指さして立ち上がった。まずは一つ、小さな頃から夢見てきた「NBA選手になる」という目標をかなえた瞬間である。

 

 NBA――それは八村が、バスケットボールを始めた頃から意識してきたことだった。奥田中の坂本コーチは、初心者だった八村に何度も「NBA選手になれ」と言っていたという。ただ、坂本コーチはその意図について、「八村は初心者でしたし、正直、上手ではなかったんです。当たり前ですがボールハンドリングはできないし、最初はフットワークにもついていけませんでした。陸上をやっていたせいか、足が速くても止まれなくて、ボールを持ってもトラベリングばかり。だから最初は『バスケットが嫌いになってしまうのではないか』と心配して、NBAの映像や雑誌を見せて『NBA選手になれ』と言っていたんです」と明かす。そのため、ゴンザガ大でエースとして活躍した八村について、「こんな言い方をしたら彼に失礼かもしれませんが(笑)、まさか本当にこんなふうにアメリカで活躍するとは…」と、信じられない様子だった。

 

 

 奥田中を卒業後、八村は高校、大学と、一足飛びに成長を遂げてきた。とりわけこの6年間で、大きく変わったのは“気持ち”の面だ。高校3年間を終えたとき、「バスケットボールの技術ももちろんですが、佐藤久夫先生というすばらしい先生から“気持ち”の重要さをすごく教えてもらいました」と話していた八村。そして大学でも、ゴンザガ大のマーク・フューヘッドコーチから常々「タイガーになれ!」とアグレッシブさを求められ、八村は「今までいろいろな経験をしてきて、自分の持ち味ややるべきことが大体分かってきたので。それで自分に自信がどんどん付いてきている」と、“自信”を身に付けエースとして活躍。フューHCは「アメリカに来た頃、ルイは子猫のようだったけど、今はタイガーだ!」と、3年間の成長に目を細めていた。

 

 

 いよいよ、日本の至宝・八村がNBAの舞台に足を踏み入れる。日本中が大騒ぎとなっているが、八村はそんな熱狂に決してのぼせず、“NBA選手になる”ことからさらに一歩先、“NBAで活躍する”ことを見据えているだろう。これまでも、常に自らの物差しで冷静に現在地を見定め、目標への道筋を逆算してやるべきことを遂行してきた八村。ドラフト会議について前日、「呼ばれて握手するだけ」と冷静にコメントしていたことも実に彼らしかった。八村が見据える夢への道のりは、まだまだ始まったばかりなのかもしれない。

 

(月刊バスケットボール)


  1. まっちゃん より:

    素晴らしい!!!NBAに興味をもって44年。月刊バスケットボールのデーブ・コーエンスやドクター・Jを動かない絵で見ていた頃から比べると隔世の感がありますが、こんな日が来るとは思っていなかった数年前と比べてもこの頃の日本バスケットボール界は急速に発展していますね!楽しみでしかたありません!

あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • かすみ防災アリーナ
  • 月バスカップ2020-u15
  • macdavid
  • 3x3プロチーム「BEEFMAN.EXE」が選んだ マクダビッドサポーターの必然性
  • ZAMST吉田亜紗美インタビュー
  • B-LEAGUEチャンピオンシップ2019
  • sony-seimei

月刊バスケットボール YouTube

ffd