NBA

NBA

2019/02/28

直撃インタビュー/渡邊雄太

アデトクンボは衝撃!  
ハーデンは止められない!!


―NBAで対戦して、一番すごいと思った選手は誰ですか。

「(ヤニス)アデトクンボはNBAの中でも、身体能力が頭一つ抜けている感じです。衝撃を受けました」

―ではディフェンスしにくい選手は。

「(ジェームズ)ハーデンはちょっと止められないですね。近付けばファウルをさせられるし、離せば3ポイントを打たれて決められてしまう。接触するとボールを持つ腕に引っ掛けられてしまうので、守ることができません」

―NBAでプレーしていく上で、レベルアップしたいと意識していることはありますか。

「フィジカルの向上はもちろんです が、3ポイントシュートの精度を上げないといけないと思っています」

N B Aはビジネス。
自分でコントロールできることに専念


―チームでは大きなトレードで主力選手のマルク・ガソルがいなく なったりしましたが、お別れパーティーのようなものはあったのですか。

「お別れ会とかはないですね。大学とは違い、みんな家族もいますし、コートの外で一緒に過ごすことはほとんどないですね。今回は遠征中にトレードが決まり、マルクは遠征に は参加しなかったので、みんな、なんとなくトレードになるんだろうと分かっていたので、遠征に行く前に感謝を伝えました。日本だったら、マルクほどチームに長年貢献してきた選手に対しては情が入ると思いますが、こちらでは完全にビジネスですから、割り切るしかないですね。自分でコントロールできることに専念するしかないと感じています」

月刊バスケットボール4月号では、さらにNBAとGリーグとの環境の違い、チームから求められていることなどについてロングインタビューを掲載。

(月刊バスケットボール)


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください