その他の海外

その他の海外

2022/08/04

FIBAワールドカップ2023大会マスコット、バスケットボール・ロボット「JIP」が開催3ヵ国、そして世界をつなぐ

 約1年後に迫ったFIBAワールドカップ2023のマスコットの名前が「JIP」に決まり、楽しい紹介動画が公開されている。

 

FIBAワールドカップ2023の公式マスコットJIP(画像をクリックすると紹介動画が見られます ©FIBA.WorldCup2023)


 JIPは世界中のバスケットボールファンによる投票で決まった名前で、同大会の開催地である日本(Japan)、インドネシア(Indonesia)、フィリピン(Philippines)の頭文字で構成されている。開催国それぞれに住むキャロイ、こうた、デヴィという3人の子どもたちが、「リサイクルの力で動くバスケットボール・ロボットを作ろう」と話し合って生み出したJIPが、3つの国をつなぎ、世界をバスケットボールで一つにできるよう盛り上げる。


 グループラウンドの開催地である沖縄県ではこの7月に、県内の小学校でFIBA バスケットボールワールドカップ特別出張授業(ネイスミストロフィー学校ツアー)も行われ、子どもたちも投票に参加した。共同開催国のインドネシアとフィリピンでも投票が行われ、得票数トップの「JIP」に決定されたとのことだ。


 JIP は今後、世界中にバスケットボールの楽しさを発信するとともに、リサイクルや環境保全のメッセージも発信していく。国内では沖縄県内のイベントのほか、全国で行われるさまざまなバスケットボールの試合会場などにも姿を現す予定だという。


マスコット紹介サイト
大会公式サイト


(月刊バスケットボール)

  • ザムスト×正智深谷
  • インターハイ2022
  • 関東大会2022
  • 月バスカップ2022-U15
  • 自費出版のご案内