男子日本代表

男子日本代表

2021/06/19

バスケ男子日本代表、チャイニーズ・タイペイ戦は紆余曲折の末に大勝

6月18日の対チャイニーズタイペイ戦で登録された男子日本代表12人(写真:©SBP/FIBA Asia Cup)

 

高さを生かして完璧なスタート

 

 フィリピンで開催されているFIBAアジアカップ2021予選(グループB)に臨んでいるバスケットボール男子日本代表が6月18日にチャイニーズ・タイペイと対戦し、98-61と大差をつけて勝利を収めた。日本はこれで通算成績が2勝2敗とし、アジアカップ本戦出場に一歩大きく近づいた。
 日本の他に中国とチャイニーズ・タイペイ、マレーシアが同組のグループBでは、マレーシアの棄権が明らかになっている。ただ、2020年2月21日にマレーシアとチャイニーズ・タイペイの間で行われた試合の結果(チャイニーズ・タイペイが152-48で勝利)の扱いについてFIBAから公式発表がないため、現時点で順位が確定できない。仮にマレーシアを除く3チーム間のみの勝敗で順位を決めるとなれば、この日の勝利で日本の3チーム中2位以上が確定していたところだ。
 ただし、19日(土)に日本が中国に勝利して通算成績を3勝1敗とすれば、マレーシアの試合を含めるかどうかによらず、20日(日)に行われる中国とチャイニーズ・タイペイの試合結果を待たずに日本の2位以上が確定する。
 その意味で明日の対中国戦は大きな意味を持つ。また、国内組のみで臨む東京オリンピック前のFIBA公式戦最後の機会としても重要な試合だ。
 その試合を前にしたチャイニーズ・タイペイとの一戦で、日本は好調な滑り出しを見せた。スターターは田中大貴(SG、192cm/アルバルク東京)、比江島 慎(SG、191cm/宇都宮ブレックス)、金丸晃輔(SG、192cm/シーホース三河)、エドワーズ ギャビン(PF、206cm/千葉ジェッツ)、シェーファー アヴィ幸樹(C、206cm/シーホース三河)の5人。平均身長197.4cmは、相手スターターの最長身プレーヤーだったスー・シーシュエン(#17 SU Shih Hsuan、197cm/C)よりも高かった。
 日本はティップオフ直後から、サイズのアドバンテージを生かせるエドワーズにボールを集め、開始約3分で12-0と快調に飛ばした。2日前の中国との初戦では課題と思われた試合の入り方については、完璧に克服した形だ。エドワーズは得点のみならずアシストありブロックショットあり、リバウンドありと代表デビュー2戦目にしてスターターの柱となる活躍。
 ペイントでエドワーズとシェーファーが支配的な存在感を見せる一方でこの日司令塔としてプレーした田中のプレーメイクも安定し、さらには比江島と金丸のショットが期待に応える精度で決まった。第1Q残り4分57秒にエドワーズがレイアップを決め18-2となったところまでは、完璧なゲーム運びと思われた。

 

※中国とチャイニーズ・タイペイのプレーヤー表記は[姓・名]の順で、アルファベット表記は大文字部分が姓です

 

【関連記事】 バスケ男子日本代表、チャイニーズ・タイペイの要注意プレーヤーをチェック

  • ロックアイスx千葉ジェッツ「千葉から世界へ」
  • zamstインタビュー「戦い続けるために目標に向かって」
  • 大神雄子「気持ちを届ける、想いを託す」
  • ウインターカップ2021
  • 全中2021
  • インターハイ2021
  • 月バスカップ2021-u15
  • 自費出版のご案内