Bリーグ

Bリーグ

2022/03/17

弓波英人- B3新規参入長崎ヴェルカの快進撃を支える「陰の刺客」インタビュー(1)

 現在32勝2敗の成績でB3の首位を走る長崎ヴェルカ。新規参入とはいえ、B1・B2経験者が多く、B1のアルバルク東京を率いていた伊藤拓摩がGM兼ヘッドコーチを務めるチームが“強い”ということは、開幕前から囁かれていた。


 このチームにおいて、2月5日に諫早市中央体育館で行われた対豊田合成スコーピオンズ戦で、ちょっとした変化が起こった。それまで出場機会が一度もなかったガードの弓波英人が、初めて公式戦のコートに立ったのだ。

©長崎Velka

 

 

 弓波はNCAAディビジョン1のジョージアサザン大学を3年間で卒業し、昨夏ヴェルカに加わったガードだ。3年で卒業というのは書き間違いではなく、弓波は学業成績が優秀だったために飛び級で学士の称号を得たのだ。大学時代はウォークオンとしてチームを盛り上げる存在だった。将来はコーチの世界での飛躍を目指しており、プロとして加わったヴェルカでは伊藤GM兼HCが構築したコーチングチームをスタッフとしてサポートしながら、プレーヤーの経験を積むというデュアルキャリアとも言えそうな取り組み方をしている。


 オンコートのデビューを果たすまでの弓波は、プレーヤーとしてのトレーニングとワークアウトの傍ら、試合中は基本的にスタッフとしてスカウティングデータの収集を担当し、試合がない日は子どもたち相手にスクールコーチも務める日々だった。しかし一生一度の瞬間に、弓波はさすがと感じさせる輝きを見せた。


最初のオフェンス機会で3Pショット成功


 105-64と大量リードを奪った第4Q残り2分46秒コートに入り、わずか22秒後のことだった。本人いわく、「いつもならチームメイトたちがやっているハーフコートのセットで、たまたまオープンでゴールは狙うタイミングが巡ってきました」。左ウイングの3Pエリアでボールを受けた弓波は、迷いなくシューティング・モーションに入る。しっかりしたバランス、まっすぐゴールに向かう左手のストロークから放たれたボールは、ズバッとゴールを射抜いた。


 この劇的なショットから数日を経た2月の半ば、B3リーグ開幕後としては初めて、弓波にインタビューする機会を得た。

 

©長崎Velka

 

  • ZOON OF HOOPS
  • 月バスカップ2022-U15
  • スポーツするならかみす
  • ザムスト×中部大第一タイアップ
  • 全国ミニバス選手権
  • 日本郵政 Presents 3x3を支える人たち
  • Jr.ウインターカップ2021-22
  • ウインターカップ2021
  • インカレ2021
  • 自費出版のご案内
  • 全中2021
  • インターハイ2021