NBA

NBA

2021/04/03

NBAの月間最優秀コーチ賞、3月はモンティ・ウィリアムス(サンズ)とネイト・マクミラン(ホークス)が受賞

 

 NBAの3月度の最優秀コーチ賞にウエスタンカンファレンスではモンティ・ウィリアムス(フェニックス・サンズ)が、イースタンカンファレンスではネイト・マクミラン(アトランタ・ホークス)が選出された。
 サンズのウィリアムスHCは、3月中の14試合でチームをウエスタンカンファレンスのトップ・タイにあたる11勝3敗の好成績に導いた。ホームだけでなく、ロードでも5勝1敗と強さが光った。
 ウィリアムスHCは自身としてニューオリンズ・ホーネッツ(現ペリカンズ)を率いていた2011年1月以来2度目の同賞受賞だが、その当時もクリス・ポールがチームのポイントガードを務めていた。サンズのヘッドコーチがこの賞を手にしたのは2013年12月のジェフ・ホーナセック以来で、チームとしてはコットン・フィッツシモンズ、ポール・ウエストファル、フランク・ジョンソン、マイク・ダントニ、アルビン・ジェントリー、そしてホーナセックに次ぐ7人目となる。
 サンズは今シーズン、3月末時点でリーグトップの33勝14敗という成績。ロードでも16勝6敗であり、ホームを離れての強さは3月だけではなくシーズンを通じてのものだ。
 イースタンカンファレンスでこの賞を受賞したマクミランHCは、3月1日に暫定ヘッドコーチに就任したばかりだが、14勝20敗で引き継いだチームを月間通算記録9勝4敗に導き、“借金”をあと一つまでに減らしている(4月の初戦も勝利し、アメリカ時間4月2日時点では24勝24敗)。
 就任直後からホークスはいきなり8連勝を記録したが、これはシーズン半ばで就任したコーチとしては2003-04シーズン以降で最長記録とのことだ。ホークスの8連勝は2014年12月27日から1月31日までの19連勝以来最長の連勝記録。また、その間に記録したロードでの5連勝も、2017年の1月4日から16日にかけて記録して以来の最長記録だった。
 マクミランHCは自身として7度目の同賞受賞。ホークスのコーチが月間最優秀コーチ賞を受賞するのはマクミランHCで8人目であり2015年1月に現在ミルウォーキー・バックスでヘッドコーチを務めているマイク・ブーデンホルザー氏が受賞して以来のことだ。

文/柴田 健(月バス.com)
(月刊バスケットボール)

  • ロックアイスx千葉ジェッツ「千葉から世界へ」
  • zamstインタビュー「戦い続けるために目標に向かって」
  • 大神雄子「気持ちを届ける、想いを託す」
  • ウインターカップ2021
  • 全中2021
  • インターハイ2021
  • 月バスカップ2021-u15
  • 自費出版のご案内