NBA

NBA

2021/03/06

クイン・スナイダー(ジャズ)、スティーブ・ナッシュ(ネッツ)が2020-21NBAシーズン2月の月間最優秀コーチに

 

 NBAは3月2日に2月の月間最優秀コーチを発表し、ウエスタンカンファレンスではユタ・ジャズを月間12勝2敗、シーズン通算では27勝8敗というリーグトップの成績(発表時点)に導いたクイン・スナイダーが、イースタンカンファレンスでは月間9勝4敗がカンファレンス1位だったブルックリン・ネッツのスティーブ・ナッシュが選ばれた。
 スナイダーは前月に続く2ヵ月連続受賞で、これはジャズのコーチとしては初めてのケース。同年に2回選出されるのもチームは初だ。スナイダーは2018年の最終月間(3月・4月)を含め自身3回目の受賞だが、これはフランク・レイデンの2回を上回り、ジェリー・スローンの10回に次ぐチーム歴代2位の記録となる。
 ナッシュ率いるネッツは2月10日から25日にかけて、チームとして2006年2月以来の8連勝を達成した。この期間には、ウエスタンカンファレンスで上位争いをしているフェニックス・サンズ、ロサンジェルス・レイカーズ、ロサンジェルス・クリッパーズに対する勝利を含む西海岸遠征におけるロード5連勝というチーム新記録も成し遂げている。開幕後にジェームス・ハーデンを加えたスターぞろいのロスターの持ち味をうまく引き出す好采配が光っている。

 

文/柴田 健(月バス.com)
(月刊バスケットボール)


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください