月バスTOPICS

月バスTOPICS

2020/06/28

ベスト・ディフェンダー、藤井祐眞(川崎)らがディフェンスの“ちょいコツ”を解説!

 6月25日発売発売の『月刊バスケットボール8月号』では、巻頭企画としてBリーグでプレーするトップ選手5名が、オフェンス・ディフェンスに必要なスキル上達のための“ちょいコツ”解説する!

 

 ディフェンス。それは一見地味で注目されることは多くないが、大一番では必ずといっていいほどに勝利の条件として挙がる。緻密なオフェンスシステム、個人スキルに秀でた選手が増えている昨今の状況では、より一層ディフェンス力の向上が必要だ。

 

 今回は2019-20シーズンのBリーグベストディフェンダー賞に選ばれた藤井祐眞(川崎)、リーグ屈指の3&Dプレーヤー石井講祐(SR渋谷)、屈強な外国籍選手と渡り合う京都の日本人ビッグマン永吉佑也がディフェンス、フィジカルコンタクトとリバウンドの極意を教えてくれた。

 

 

 藤井がディフェンスの最重要事項に挙げたのは声を出すこと。味方同士の声掛けによって意思疎通を図ることで、対人ディフェンスの効率をアップ。ほかにもついつい狙いがちなスティールの利点と難点についても紹介。石井、永吉のテクニックも明日から実践できるものばかり。ちょっとした変化がディフェンス力を大きく向上させるはずだ。最新号をお楽しみに!

 

 

 

※詳細は『月刊バスケットボール8月号』で!

http://shop.nbp.ne.jp/shopdetail/000000001572/

 

(月刊バスケットボール)


  1. Kratom powder includes an analgesic nature plus has got a very strong pain-killing effect physically.
    The alkaloids present at the Kratom leaves behave on the nervous system’s receptors.
    In return, the receptors mail the material by Dynorphins, endorphins, and enkephalins’ release into the neurons and respond into the alkaloids.
    These 3 neuron transmitters curb pain signals. Within this way,
    kratom leaves can be a natural pain killer at the situations of an backache, rheumatoid
    arthritis, arthritis, joint pains, osteomalacia, and
    serious ailments.

あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください