月バスTOPICS

月バスTOPICS

2020/11/04

【Bリーグ開幕インタビュー企画Vol.3】豊富な経験値をB1初挑戦のチームに還元する小野龍猛(信州)

 10月2日から開幕したB.LEAGUE 2020-21 SEASON。10月24日発売の最新号、『月刊バスケットボール12月号』では編集部が独断と偏見で選んだ4選手のインタビューを掲載している。ここでは新天地への移籍を決めた信州ブレイブウォリアーズの小野龍猛を紹介! 千葉ジェッツで長く活躍し、酸いも甘いも経験してきた小野が新天地に選んだのは今季B1初挑戦となる信州。トップレベルの経験値をチームに還元すること、そして自身の価値を改めて証明することが小野の役割であり、モチベーションとなっている。フレッシュな環境で戦う小野の胸中を聞いた。

写真:©︎B.LEAGUE

 

小野の経験値は必ずチームの助けになるはずだ

 

7シーズン在籍した千葉を離れての信州移籍ですが、生活面やプレー面の調子はいかがですか?

 生活面はだいぶ変わりましたね。都会から山々に囲まれる街へ引っ越したわけですが、東京出身の僕としてはそれがすごく新鮮ですし、家族や子どもにとっては自然に触れられるという意味では良い環境なのかなと思っています。長野県は気候もいいですし、本当に住みやすいです。東京出身なので都会が恋しくなることは正直ありますが、信州でのバスケットも楽しいし、家族と新しい生活を楽しんでいるので、充実していますね。プレー面については外国籍選手の合流の遅れなどもあってコーチが求める戦術やスタイルについてはまだまだだと感じています。コーチの指示をしっかりと遂行できるように、戦術面にアジャストできるように練習の繰り返しです。

 

信州への移籍を決断した理由、求められている役割を教えてください。

 一番はやりがいを感じたことです。B1昇格のタイミングでB2ではしっかりとした実績を持っているクラブです。トヨタ自動車(現A東京)から千葉に移籍したときもbjリーグからNBLに参入するタイミングで、信州からはそのときと同じようなやりがいやコーチの情熱を感じることができたので移籍先に決めました。ポストプレーをはじめ、今までの信州にはなかったものを求められています。プレー面はもちろんですが、ずっとB1で戦ってきた中で得たメンタル面のコントロールやB1での戦い方、勝ち方をチームメイトに伝えることも僕の役割だと思っています。

 

小野選手個人としてはどのようなシーズンにしていきたいですか?

 自分の力不足という面もありますが、昨季はなかなかプレーする機会がなかったです。でも、まだまだやれるというところは見せられます。個人としての目標は2シーズン前や3シーズン前のような平均スタッツを残して、チームを一つでも多く勝たせられるような選手でいたいです。精神面でもチームを支えられるように、1試合1試合戦っていきたいですね。

 

2月にアウェイでの千葉戦が2試合あります。千葉との対戦は今季のレギュラーシーズン中ではその2試合が最初で最後となりますが、特別な思いがあるのではないですか?

 地区が違うのでその2試合ですが、ジェッツのホームで戦えるというのは気持ちが上がりますし、またジェッツのブースターさんの前でプレーできるというのは本当に楽しみです。もちろん倒したいという気持ちは強いですが、まずはチームに求められていることや自分の役割をしっかりとこなして、良い状態でジェッツとの2試合に臨めれば良いなと思っていますね。

 

 全編は最新号をチェック!

 

【Vol.1】レベルアップを求めて移籍を決意した岡田侑大(富山)

【Vol.2】海賊団を率いる新たなリーダー生原秀将(横浜)

Vol.3】豊富な経験値をB1初挑戦のチームに還元する小野龍猛(信州)

 

(月刊バスケットボール)


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください