中学生&ジュニア

中学生&ジュニア

2022/03/26

43チームが出場する春の大舞台『B.LEAGUE U15 CHAMPIONSHIP 2022』

今大会優勝候補の一角、琉球ゴールデンキングスU15

 

 Bリーグクラブのユースチーム43チームが頂点を目指して対戦する『B.LEAGUE U15 CHAMPIONSHIP 2022』。今大会は、3月27日(日)から30日(水)にかけて、東京体育館で行われる。無観客開催とは言え、バスケットLIVEで全試合のライブ配信があり、日本のバスケットボール界の将来を背負う若者たちのプレーぶりを、全国から楽しむことができる。


 今大会は43チームをグループAからグループKまで11のグループに分けてのリーグ戦で始まる。グループAのみ3チームだが、ほかの10グループは4チームずつのグループで、それぞれのリーグ戦で1位となったチームが、その後行われるノックアウト方式の決勝トーナメントに駒を進めることができる。


 今回出場する43チームのうち、14チームは1月に開催されたJr.ウインターカップ2021-22にも出場していたチーム。中でも千葉ジェッツU15、福島ファイヤーボンズU15(グループJ)、横浜ビー・コルセアーズU15(グループE)の3チームはベスト8に勝ち上がっており、今大会でも注目チームと言えそうだ。

 


 今大会のディフェンディング・チャンピオンである名古屋ダイヤモンドドルフィンズU15(グループA)は、同大会では1回戦で琉球ゴールデンキングスU15に敗れた。悔しい思いをした後、3ヵ月間を経てどのような思いをコートにぶつけてくるだろうか。


 その琉球U15(今大会はグループD)には、昨年の大会でMIPに輝いた後、琉球のトップチームに練習生として加わった平良宗龍(183cm、PG)の名前がある。平良は昨年、U16日本代表候補にも名を連ねていた。琉球U15は、Jr.ウインターカップ2021-22で名古屋D U15を67-33で倒した後、最終的に大会を制覇したゴッドドアに2回戦で62-64という激戦の末敗れた。実力的には全国のトップレベルであることを示す結果であり、名古屋D U15、さらには昨年準優勝の秋田ノーザンハピネッツU15(グループB)、3位だったアースフレンズ東京Z U15(グループC)などとともにはつらつとしたプレーを期待したいところだ。

 

【“B.LEAGUE U15 CHAMPIONSHIP 2022 全試合配信”バスケットLIVE】

https://basketball.mb.softbank.jp/features/10047?utm_source=partner&utm_medium=basketball-zine&utm_campaign=023

 

 

(月刊バスケットボール)

  • ZOON OF HOOPS
  • 月バスカップ2022-U15
  • スポーツするならかみす
  • ザムスト×中部大第一タイアップ
  • 全国ミニバス選手権
  • 日本郵政 Presents 3x3を支える人たち
  • Jr.ウインターカップ2021-22
  • ウインターカップ2021
  • インカレ2021
  • 自費出版のご案内
  • 全中2021
  • インターハイ2021