月バスTOPICS

月バスTOPICS

2020/12/08

「自分たちで学んでいく」アルバルク東京ユース

 月バス1月号の『気になる現場を探索!』企画では、アルバルク東京ユースをピックアップ。

 

 試合では1分30秒毎に5人のメンバー全員をどんどん変えていくというユニークな戦術・戦略を採用するA東京ユースの特徴は、選手の自主性を尊重していること。そのため、試合ではコーチからの指示や采配が一切ない。

 

 練習でも次にどんなメニューをするのかの指示はコーチからされるが、プレーの内容に関しては指導や介入がない。そこには「選手たち自身が試行錯誤しながら自分たちで学んでほしい」という塩野竜太HCの願いが込められている。かといって放任しているわけではなく、塩野HCを含め8人のコーチがきめ細かく見守ることで、選手の自主性を育んでいるのだ。

 

 

(月刊バスケットボール)


  • zamstインタビュー「戦い続けるために目標に向かって」
  • 3x3女子日本代表インタビュー「気持ちを届ける、想いを託す」
  • インターハイ2021
  • 月バスカップ2021-u15
  • 自費出版のご案内