月刊バスケットボール24年3月号

【月バス.com連載企画/第3回】知ってる? バスケットボール最高峰リーグNBAのアレコレ

 8月より月バス.com限定で配信をスタートした「知ってる? NBAのアレコレ」。今回は第二弾をお届けします。「NBAをこれから見はじめたい!」「NBAについてもっと知りたい!」というアナタへ、月バス編集部が毎週一つずつNBAにまつわるマメ知識をQ&A方式で出題! 「これは知っているよ」というライトなものから「へぇ~」と思わず口にしてしまうようなディープなものまで幅広く紹介していきます!

 8月より月バス.com限定で配信をスタートした「知ってる? NBAのアレコレ」。今回は第二弾をお届けします。「NBAをこれから見はじめたい!」「NBAについてもっと知りたい!」というアナタへ、月バス編集部が毎週一つずつNBAにまつわるマメ知識をQ&A方式で出題! 「これは知っているよ」というライトなものから「へぇ~」と思わず口にしてしまうようなディープなものまで幅広く紹介していきます!

 

 前回のお題は「多くのスーパースターが生まれたNBAにおいて、3球団で計7度の優勝を飾った選手は?」でした。

 

正解は…ロバート・オーリー(元レイカーズほか)

 

 1992年のNBAドラフトで全体11位で指名され、ヒューストン・ロケッツに入団したオーリー。今でこそ“ビッグショット・ロブ”の愛称が示すように勝負どころに強い選手というイメージが定着していますが、元々は身体能力の高いオールラウンダーでした。

 

 そんなオーリーは94年から95年にかけてロケッツで連覇。その後、移籍したロサンゼルス・レイカーズでも2000年から2002年にかけて3連覇。さらにさらに、キャリア終盤に所属したサンアントニオ・スパーズでも05年と07年に優勝しており、総回数はあのマイケル・ジョーダン(元ブルズほか/6回)をも上回る7回! この数字は第1回のお題に挙がった8連覇期間中のセルティックスに所属していない選手としては歴代最高です。

 

 

 オーリーと聞いてまず思い出すのが、02年プレーオフのカンファレンスファイナル、対サクラメント・キングス戦で決めたブザービーターという方は多いでしょう。あのショットはレイカーズファンにとっては良い思い出、キングスファンにとってはトラウマとも呼べるシーンだったことでしょう。

 では、第3回のお題は…

 

Q2.現在、NBAの総チーム数は30です。その中で、最も創設からの年月が浅いチーム(新しい)チームは?

 ヒント…オーナーが神様です

 ※本拠地移転などによるチーム名変更は含みません

 

 答えはうんちく、第3回のお題と共に8月23日(金)公開!

 お楽しみに!

 

(月刊バスケットボール)



PICK UP