月刊バスケットボール8月号

NBA・海外

2024.04.26

サンアントニオ・スパーズの往年の名ロールプレーヤー、デビン・ブラウンが振り返る2005年のNBA王座獲得

©佐々木智明 月刊バスケットボール

サンアントニオ・スパーズの黄金期を振り返ると、ティム・ダンカン、デビッド・ロビンソン、マヌ・ジノビリ、トニー・パーカー等のスター選手が最初に頭に浮かぶ名前だ。ただチームが長きに渡って勝ち続けるには、スター選手以外のロールプレーヤーの貢献も重要になる。2002年にスパーズと契約し10年間NBAでプレーしたデビン・ブラウンもその1人だ。


サンアントニオで育ち、スパーズでプレーし、優勝も経験している。現在もサンアントニオに住まいを構え、高校生のコーチを務めている。NBAディベロップメントリーグ(通称Dリーグ、現Gリーグ)でのプレー経験もあり、スパーズから契約を提示されたエピソードはとてもユニークだ。

彼がスパーズから何を経験し、何を学んだのかを尋ねてみた。


デビン・ブラウンは2002年から8シーズンNBAでプレーした身長196cmのシューティングガードだ。デビューからスパーズに3シーズン在籍(デビューシーズンの後半はデンバー・ナゲッツに移籍)し、ほかにもユタ・ジャズ、ニューオリンズ・ホーネッツ(現ニューオリンズ・ペリカンズ=ブラウン在籍当時には一時名称がニューオリンズ/オクラホマシティ・ホーネッツだった時期がある)、クリーブランド・キャバリアーズ、シカゴ・ブルズに所属した。スパーズでは2005年にファイナルにも出場し、3度目の王座獲得に貢献している(写真/©佐々木智明 月刊バスケットボール)






ドラフト外で参加したスパーズの練習後、駐車場で突如本契約のオファー
※インタビューは2024年3月26日にフロストバンク・センターで行った内容を収録しています。

——僕の認識が正しければサンアントニオ育ちでしたよね?

そう、サンアントニオ育ちだ。

——確かサンアントニオの高校の通算得点記録を持っていたと思いますが、今でもその記録は健在ですか?

いや、誰かにその記録は破られてしまった。でもまだ僕は歴代トップ5に入っているから問題ないよ(笑)

——サンアントニオで育って、大学もテキサス大サンアントニオ校に通っていました。生粋のサンアントニアンとも言えますね。

街のことはよく知っているし、ここで育ったことも楽しかった。選手生活が終わった後も、ありがたいことにサンアントニオに自分の居場所があるよ。

——サンアントニオ育ちだとスパーズの存在も昔からとても大きかったのでしょうか?

スパーズのカルチャーだったり、彼らの志向はとても大きな意味を持っていた。自分自身も子どもの頃からスパーズファンだったし、このチームでプレーできたことで自分も伝統を継承できたのは、とても幸運なことだった。今でもスパーズを応援しているよ。

——2002-2003シーズンにスパーズと契約してNBA デビューしていますが、ドラフトで指名されてNBA入りを果たしたわけではありませんでした。NBAで最初の契約はどのように勝ち取ったのか教えてください。

とても面白い話だよ。大学を卒業した後に、オフシーズンの練習に参加しないかと誘われてチームと2ヵ月半ずっと練習をした。そして、ある日ポップ(グレッグ・ポポビッチHC)が練習終わりに「正式にチームの一員にならないか?」と声を掛けてくれた。そのあとはトレーニングキャンプに参加して、NBA10年間のキャリアを過ごすことができた。

——ポポビッチからは急に契約の話があったようですが、因みにどういったシチュエーションで契約を提示されたのですか?

練習場の駐車場だよ(笑)。僕が練習場から外に出るときに、ポップが後ろをついて来ていたんだ。駐車場で最初の契約を貰ったよ(笑)

——NBA入りして早々にDリーグ(現Gリーグ)のファイエットビル・パトリオッツ(2006年に解散)でプレーをしました。今のGリーグと比べると注目度は正直低いリーグでしたが、2003年にDリーグのMVPとルーキーオブザイヤーをダブルで受賞しています。

良い経験だったよ。様々な技術を磨く機会だったし、自分自身の技術は実際伸びたと思う。ノースカロライナ生まれのジェフ・カペルという素晴らしいコーチにも恵まれた。彼には息子が二人いて、ジェフ2世はデューク大、ジェイソンはノースカロライナ大でプレーしていた。ジェフはバスケットボールが習慣づいた環境に慣れていたから、彼の元ではプレーがしやすかった。「ボールに触る機会があったらとにかくシュートしろ」と言われたよ(笑)。自分にとって馴染みやすい環境を作ってもらえたし、ノースカロライナ州での生活も楽しめた。とにかく良い経験だったよ。







2005NBAファイナルでのブラウン(写真/©佐々木智明 月刊バスケットボール)



取材・文/小谷太郎(Paint It Silver &Black!)

タグ: サンアントニオ・スパーズ

PICK UP

RELATED