月刊バスケットボール7月号

男子日本代表W杯バスケドキュメンタリーが6月7日より4週間限定公開に

W杯バスケの激闘を体感できる映画が公開に


日本バスケットボール協会は6月7日より、「FIBAバスケットボールワールドカップ2023」での男子日本代表の激闘を収めたドキュメンタリー映画『BELIEVE 日本バスケを諦めなかった男たち』が全国の劇場で公開されると発表した。公開期間は4週間限定。

2021年に開催された東京2020オリンピックで3連敗を喫して予選敗退となった男子日本代表。2021年9月、そのチームのヘッドコーチに就任したのが東京2020大会で女子日本代表を決勝に、銀メダルに導いたトム・ホーバスHCである。予選を含めて、チームをビルドアップしていき、迎えた「FIBAバスケットボールワールド2023」1次ラウンドは死の組と言われるオーストラリア、ドイツ、フィンランドと同じグループに。ドイツ戦後半では互角以上の戦いを見せ、フィンランド戦では見事な逆転勝利を収めて17位~32位決定戦に回ると、ベネズエラ、カーボベルデを相手に劇的勝利を果たして48年ぶりとなる自力での五輪出場を決めた

本作の題名“BELIEVE”はホーバスHCが、何度となく発していた言葉。試合映像に加え、新たに収録したホーバスHC や代表選手のほか、日本のバスケットボール界を牽引してきた佐古賢一(三河シニアプロデューサー)、田臥勇太(群馬)のレジェンドのインタビューも収録されているという。



映画『BELIEVE 日本バスケを諦めなかった男たち』
公認・監修・制作協力:公益財団法人日本バスケットボール協会
企画・制作:電通 東映ビデオ
配給:東映 東映ビデオ
制作プロダクション:ネツゲン
監督:大西雄一
マルシー:©2024「BELIEVE」製作委員会 ©FIBA ©日本バスケットボール協会
公式サイト:believe-akatsukijapan.jp

PICK UP

RELATED