月刊バスケットボール7月号

男子日本代表ホーバスHC、パリ五輪の対戦相手決定を受けて「勝って世界にショックを与えたい」

ホーバスHC「このチームはできると思います」


3月20日、男子日本代表(FIBAランク26位)のトム・ホーバスHCはパリ・オリンピックの組み合わせ抽選結果を受けて会見を開き、「1勝なのか2勝なのかわからないですけど、勝って(世界に)ショックを与えたい。このチームはできると思います」と力強く語った。

【表】パリ五輪試合スケジュールをチェック

スイスのミースにあるパトリック・バウマンハウス・オブ・バスケットボールで行われたパリ五輪の組み合わせ抽選会。男子日本代表はFIBAワールドカップ覇者のドイツ(3位)、開催国フランス(9位)、OQTラトビア会場出場権獲得チームと同じグループになった。抽選はコントロールできないものなので寝て朝確認したというホーバスHCは「ドイツ、フランスは去年も試合をやったじゃないですか。相手のロスターも大体わかっているし、スカウティングでもきるので、すごい助かるかなと思う。ドイツ戦では前半(31-53)は負けたけど、後半(32-28)はちゃんと頑張ったから、ドイツはワールドチャンピオンですけども、うちの選手たちも自信あると思う。そういう経験あるから、すごいいいかなと思います」と選手たちも自信があるはずとコメント。



また、1試合目にドイツ、2試合目にフランス、3試合目にOQTラトビア会場出場権獲得チームという試合順について、「ドイツは去年ワールドカップで優勝しているけど、(今年の)ドイツが普通か弱いかわかんないじゃないですか。初戦で戦うのは悪くないかなと思う。去年のワールドカップ、ドイツは少しずつ強くなっていった。優勝チームがその後はどうなるのか、最初に戦うのは全然悪くないと。フランスとの2戦目もいいと思う。1戦目は多分雰囲気がすごいと思うし。もしフランスが1戦目で負けたら、大変かもしれないです。フランス(戦の順番)はもう悪くないと思います。いいと思います」とドイツと初戦に戦えること、地元フランスとは2戦目であることはプラスだと語っている。

ホーバスHCが掲げているオリンピックでの目標はベスト8に残って決勝トーナメントが行われる“パリで戦うこと”。昨年のFIBAワールドカップでは3勝したものの、世界にショックを与えていないと語っていることを受けて、「日本が目標に達するなら、どこかにショックを与えることになると思う。日本はベスト8に入ったことがないから、1勝なのか2勝なのかわからないですけど、やっぱりどこかに(勝って)ショックを与えたい。このチームはできると思います」と日本代表ならば十分戦えると力強く語った。



■パリ・オリンピック男子グループ分け
グループA:オーストラリア(5位)、カナダ(7位)、OQTスペイン会場出場権獲得チーム、OQTギリシャ会場出場権獲得チーム
グループB:ドイツ(3位)、フランス(9位)、日本(26位)、OQTラトビア会場出場権獲得チーム
グループC:アメリカ(1位)、セルビア(4位)、南スーダン(33位)、OQTプエルトリコ会場出場権獲得チーム
残る4チームは7月2日〜7日に行われるFIBA男士オリンピック世界最終予選2024(開催地/スペイン・バレンシア、ラトビア・リガ、ギリシャ・ピレウス、プエルトリコ・サン・ファン)で決まる。





文/広瀬俊夫(月刊バスケットボールWEB)

PICK UP

RELATED