月刊バスケットボール8月号

NCAA

2024.03.12

富永啓生のネブラスカ大は3位シードでカンファレンス・トーナメントへ、大会初戦は日本時間3月16日

カンファレンス・トーナメントがいよいよ開幕へ


富永啓生のネブラスカ大は現地3月10日(日本時間11日)に行われたミシガン大戦に85-70で勝利。レギュラーシーズンを22勝9敗で終え、第3シードで現地3月13日(日本時間14日)から始まるビッグ10カンファレンス・トーナメントに臨む。

【表】富永啓生2023-24シーズン&ネブラスカ大3年間のスタッツ

ネブラスカ大でのシーズン3年目、富永は開幕直前に左足首をねんざ。その影響もあって2試合に欠場したが、出場29試合すべてでスターターとなり、3年間でベストとなる14.6得点、2.3リバウンド、1.28アシストというアベレージをマークした。2月4日のイリノイ大戦では、3Pシュートを7本放って5本を決めて3年間で自己最高となる31得点を記録。さらにレギュラーシーズン最終戦となるミシガン大戦でも3Pシュート 5/7と爆発し、30得点を挙げている。この試合ではミシガン大のニマリ・バーネットが富永のプレーについて言及。「彼の何本かのショットは、本当にとんでもないものだった。彼が試合最初のシュートが決めたら、相手にとって脅威となる。早めにスローダウンさせないと、彼は自信満々でプレーしているから、火が点いてしまう」と称えている。



ビッグ10カンファレンス・トーナメントは、現地3月13日(同14日)にミネソタ・ターゲットセンター(NBAティンバーウルブズのホームアリーナ)で開幕。ネブラスカ大の初戦は現地3月15日(同16日)。インディアナ大対(ミシガン大対ペン州大の勝者)の勝者と対戦することになる。ちなみにネブラスカ大は、これら3チームに今季負けなしと相性がいい。もし勝利してベスト4になると、続く対戦相手はイリノイ大対(オハイオ州大対アイオワ大勝者)の勝者となる。さらに決勝で勝つことができれば、2014年大会以来となるNCAAトーナメント出場が決まる(推薦枠での出場の可能性も残っている)。ちなみに第1シードは、ネブラスカ大が1月9日に勝利した当時全米ランク1位のパデュー大。決勝で再戦となったら、また大きな注目を浴びることになりそうだ。



<ビッグ10カンファレンス・トーナメント試合予定>

※試合予定時間はアメリカ中部時間(日本との時差は14時間)
■現地3月13日(水)[第1ラウンド]
・第1戦(#12メリーランド大×#13ラトガーズ大) PM5:30
・第2戦(#11ペンシルベニア州大×#14ミシガン大)第1戦の25分後
----------------------------
■現地3月14日(木)[第2ラウンド]
・第3戦(8位ミシガン州大×9位ミネソタ大)AM11:00
・第4戦(#5ウィスコンシン大×第1戦勝者)第3戦の25分後
・第5戦(#7アイオワ大×#10オハイオ州大)PM5:30
・第6戦(#6インディアナ大×第2戦勝者)第5戦の25分後
----------------------------
■現地3月15日金曜日[準々決勝]
・第7戦(#1パデュー大×第3戦勝者)AM11:00
・第8戦(#4ノースウエスタン大×第4戦勝者)第7戦の25分後
・第9戦(#2イリノイ大×第5戦勝者) PM 5:30
・第10戦(#3ネブラスカ大×第6戦勝者)第9戦の25分後
----------------------------
■現地3月16日土曜日[準決勝]
・第11戦(第7戦×第8戦の勝者)PM12:00
・第12戦(第9戦×第10戦の勝者)第11戦の25分後(CBS)
----------------------------
■現地3月17日日曜日[決勝]
・第13戦(第11戦×第12戦の勝者)PM2:30PM
----------------------------











文/広瀬俊夫(月刊バスケットボールWEB)

タグ: 富永啓生

PICK UP

RELATED