月刊バスケットボール8月号

FIBA

2024.03.08

「FIBA女子アジアカップ2025」開催地が中国・深圳に決定

「FIBA女子アジアカップ2023」では惜しくも準優勝だった女子日本代表

「FIBA女子アジアカップ2025」開催地が中国に


 3月7日、FIBAアジアは「FIBA女子アジアカップ2025」の開催地が中国・深圳に決まったと発表した。大会は2025年7月13〜20日で行われる。

【動画】FIBA女子アジアカップ2023&アジア競技大会決勝ハイライト

FIBA女子アジアカップは2年おきに行われるアジアNo.1を決める大会。中国でのFIBA女子アジアカップ開催は1984年(上海)、2005年(秦皇島)、2015年(武漢)に続いて4度目。FIBAアジアのエグゼクティブ・ディレクター、Hagop Khajirian氏は「熱狂的なバスケットボール・コミュニティがある深圳が、選手と観客に素晴らしい体験を提供することを楽しみにしています」とメッセージを発表している。


女子日本代表は女子アジアカップで2013年大会から5連覇を続けていたが、オーストラリア・シドニーで行われた2023年大会では決勝で中国に71-73と2点差で敗戦。6連覇を逃した。また昨秋に開催された第19回アジア競技大会(2022/杭州)でも決勝で中国に72-74と2点差で敗戦。準優勝なっている。来年は敵地でリベンジを果たしたい。





文/広瀬俊夫(月刊バスケットボールWEB)

PICK UP

RELATED