月刊バスケットボール7月号

女子日本代表の若き司令塔・山本麻衣、パリ五輪出場を目指して挑戦中

負けられない戦いに挑むーー「最後は気持ちの部分が大事」


パリオリンピック出場権獲得を目指す女子日本代表がヨーロッパに向けて、成田空港から飛び立ったのは1月29日。決戦の地であるハンガリー入りする前に、欧州のチームと強化試合をこなして2月8日~11日の本番に備えた。FIBA女子オリンピック世界最終予選(OQT)に向けての日本代表候補にはポイントガードの選手が多く選出されていたが、特に若手のガード陣にとって吉田亜沙美(アイシン)ら国際大会経験の多いベテランガードから学ぶことは多かったようだ。そうした激しい代表争いの渦中でOQTのメンバーに名を連ねた山本麻衣(トヨタ自動車 アンテロープス)に日本での最後の強化合宿で話を聞いてみた。

【表】女子日本代表チームOQTメンバー表をチェック

――日本代表のキャッチフレーズは“走り切るシューター軍団”(その後“走り勝つシューター軍団”に変更)ですが、山本選手はポイントガードでありシューティングガードの役割も担っています。ご自身の役割をどのようにとらえていますか?

「1月10日から始まった最初の日本代表合宿の時に恩塚亨ヘッドコーチからは、『2番(ポジション)がメインでいく』と言われました。その役割はトヨタ自動車でも同じですから、1番だったり、2番だったりしても特にやりづらさはありません。それにシュートは自分の武器ですから得点にどんどん絡んでいくことはもちろんのこと、ポイントガードとしてのクリエイティブな部分も今の日本代表でしっかり生かせると思います」

――実戦を想定した大学生男子選手と練習をやってみて、1、2番のコンボガードの手応えはいかがですか?

「やはり対戦相手は1番(PG)にプレッシャーをかけてくることが多いので、センターがフラッシュでつないで2番(SG)が受けて、そこからすぐにクリエイトしてプレーに入ることもできますし、手応えは感じています。それに3番(SF)ポジションにシューターの林(咲希/富士通)さんや平下(愛佳/トヨタ自動車)選手もいるから、自分が無理にシュートを打たなくてもいいので、クリエイトするところとシュートをどんどん狙っていくなど、バランスを取りながらできるんじゃないかというふうに思います」

――今回の代表チームにはガードの選手がたくさんいます。特にベテランの吉田選手からは学ぶことも多いですよね。

「吉田さんはパスセンスの持ち主で、自分にはないものを持っています。ですから、そういう部分で学ぶところはたくさんありますし、日々勉強になっています。例えば、普通の人が出さないようなパスの仕方だったりをするから、『そういう出し方もあるんだ』という気づきがありますね。代表チームで学べることがたくさんあるので、学んだことをしっかりと自分のものにしたいと思います。あとケガで一緒に練習はできませんでしたが、町田(瑠唯/富士通)選手に『こういう時のパスはどうやって出せばいいのか』というのを聞いたりすることもできました。ガードとしてすごく勉強になっている今回の機会を今後に生かしたいと思います」


トヨタ自動車のチームメイトである平下愛佳(写真左)、川井麻衣(写真右)と



どこの国も死に物狂いで戦うOQTをどのように突破するのか?!


――東京2020オリンピックの時は、3x3のOQTで出場権を獲得しての出場でした。今回は5人制でのOQT出場となります。死闘のようなOQTを勝ち抜くために必要なことは何ですか? 

「OQTにはどの国もものすごく必死に挑んでくると思うので、最後は気持ちの部分が大事で、それを最後まで全力で出し切れるかです。東京大会に出場するためのOQTは初めての舞台でしたから、プレッシャーをものすごく感じました。でも、その経験があっての今ですから、その経験を生かしてまずは自分のやるべきことに集中して最大限に力を出し切りたいです。それに対戦国を見ても簡単に勝てる相手ではないので、難しい試合になると思います。でも、そこは最後までみんなで粘り強く我慢して、最後は笑ってOQTを突破してパリオリンピックの切符を取りたいです」

――客観的に見てリバウンドの部分が相当苦しいのではないかと感じるのですが、その辺についてはどのように思っていますか?

「やっぱりリバウンドは厳しくなるかなという風にはすごく思います。でもそこは全員でカバーし、最後はみんなでリバウンドやルーズボールを取り切ってから走るというプレーを全力でやっていきたいと思います。特に後半になると集中力などが落ちてくると思うので、集中力を切らさないためにも全員で声を掛け合って、お互いに鼓舞しながら最後まで頑張らなければと思います」

――オリンピックへの思いは、子どもの時からありましたか?

「小学校の高学年ぐらいからオリンピックを意識し始めていましたから、東京オリンピックの時はやっと大きい舞台に立つことができたと思いました。もちろんメダル獲得を目標に挑みましたけど、悔しい結果(5位)に終わりましたから、5人制チームの銀メダル獲得というのはすごいと思いましたし、次は自分も取りたいと思いました」

――家族の応援、発破をかけられているのでないですか?

「そうですね。あおられまくりです(笑) けど、やっぱり応援してくれているので本当に家族のためにも頑張りたいです」

――では改めて今後の目標や今の思いをお話しください。

「パリオリンピックに出られたら目標は金メダルを取ることなので、まずはそのためにOQTでしっかりみんなで出場権を勝ち取ることが今一番の目標です」




Profile
山本麻衣(やまもと・まい)
トヨタ自動車 アンテロープス#23/1999年10月23日生まれ/163㎝/PG/広島県出身/藤波中→桜花学園高/藤波中2年生の時にスターターとしてチームに貢献し、日本一の座を獲得。桜花学園高進学後は1年次から主力でインターハイ・国体で優勝。2年生の時には3冠獲得。トヨタ自動車ではWリーグ2021-22のプレーオフMVPを獲得/3x3日本代表として東京2020オリンピック5位、5人制ではアジアカップ2021優勝、ワールドカップ2022・9位、アジアカップ2023・準優勝


取材・文/飯塚友子

PICK UP

RELATED