月刊バスケットボール24年3月号

五輪最終予選まであと3日、女子日本代表が戦う3国はいずれも強力ロスターに

負けられない戦いに挑む女子日本代表


2月8日からハンガリー、中国、ベルギー、ブラジルで開催されるFIBA女子オリンピック世界最終予選2024。AKATSUKI JAPAN女子日本代表(FIBAランク9位)はハンガリー・ショプロンでスペイン(同4位)、カナダ(同5位)、ハンガリー(同19位)と対戦し、上位3チームに入ってパリ五輪出場権獲得を目指す。スペインはユーロバスケット2023で銀メダル、ハンガリーは同大会で4位、そしてカナダはFIBAアメリカップで銅メダル獲得と強敵揃い。FIBAのオフィシャルサイトでは“死のグループ”と紹介している。

【表】スペイン/ハンガリー/カナダ各協会の発表メンバーを見る

2月8日(日本時間24:30開始予定)、初戦で対戦するスペインは、現地1月28日に14名の選手リストを発表した。FIBAもオフィシャルサイトで特筆するなど話題となったのが、アメリカ出身で昨年6月に帰化しているインサイドのミーガン・グスタフソンの選出だ。アイオワ大4年生時には27.8得点、13.4リバウンドを獲得。全米トップ女子選手賞に当たるホンダスポーツ・アワードを受賞したほか、ESPNから全米最優秀選手にも選出されていて、WNBAではダラス、ワシントン、フェニックスでプレー経験がある。
そのほか、ユーロバスケット2023でオールスターファイブに選ばれたベテランSFのアルバ・トーレス(192cm)、同じく長年代表を支えてきたベテランPFのラウラ・ヒル(190cm)といったサイズのあるメンバーがチームの中心になると見られている。日本としては、まず初戦をいい形で勝利して勢いに乗りたい。


ユーロバスケット2023でオールスターファイブに選ばれたアルバ・トーレス(192cm)

翌2月9日(日本時間26:00開始予定)に連戦で迎えるのはハンガリーだ。オリンピック出場は1980年のモスクワ大会のみ。だが、昨年のユーロバスケット2023では過去最高の4位と上位に食い込んでいるうえ、開催国であるためタフな戦いとなるはず。ユーロバスケット2023ではインサイドのシェシャ・ゴリ(188cm)、ヴィラグ・キシュ(194cm)がオフェンスをけん引。共に14.8得点をマークしていて、2Pのシュート成功率は50%超を記録している。またゴリやSGレカ・レリクなどチームとして3Pシュートを武器としており、同大会では35.6%(47/132)の成功率をマークした。フィールドゴールの約4割近くが3Pシュートとなっているだけに、日本としてはアウトサイドでいかにプレッシャーをかけるかもキーポイントになるほか、相手を調子に乗せないためにもチームとして特にディフェンス・リバウンドでいい数字を叩き出したい。




ユーロバスケット2023では4位に。さらに開催国とあってハンガリーも怖い相手だ

そしてOQT最終戦の相手はカナダ。2月11日(日本時間23:00開始予定)に対戦する。こちらはすでに出場する12選手を発表している。チームにとってプラスなのは191cmのPFナタリー・アチャンワが産休から復帰すること。2022年に日本で開催されたFIBAワールドカップ予選ではグループラウンドで日本とも対戦(86-79で勝利)。この試合でアチャンワは11得点18リバウンドとダブルダブルをマークしている。また昨年のアメリカップでオールスター5に選出された193cmのセンター、ケイラ・アレクサンダー、得点力あるSFブリジット・カールトンもいるなど強力なロスターになっている。FIBAワールドカップ2022では56-70で敗れているだけに、ぜひともそのリベンジを果たしたい。


カナダにはワールドカップ2022の借りを返したい

対する女子日本代表の恩塚亨ヘッドコーチはOQTに向けて「走り勝つシュート軍団がコンセプト。走るというのは、ただトランジションで走るだけではなくて、ディフェンスの足も含めて走るということなので、日本の速さとフルコートを使って戦うという一貫性をいかに出せるかという1つの筋と、シュートチャンス、3Pシュートのチャンスをいかに作り出すか。当然、相手もそれを消してくるので、その裏を突くのか、驚かせてチャンスを作るのか、その二軸で準備している」と語っている。1月29日に日本を発った女子日本代表は、ヨーロッパ渡航後も外国チームと練習試合を行ってチームを仕上げると語っていた。最高の状態で大会を迎えてぜひパリへの切符を獲得してほしい。





FIBA女子オリンピック世界最終予選2024」

大会名称:FIBA Women’s Olympic Qualifying Tournament 2024 
(FIBA女子オリンピック世界最終予選2024)
開催期間:2024年2月8日(木)~11日 (日)
開催地:中国、ベルギー、ブラジル、ハンガリー
大会公式サイト(英語):https://www.fiba.basketball/oqtwomen/hungary/2024

■日本戦スケジュール
開催地:ハンガリー ※中国、ベルギー、ブラジルでも開催
日本試合予定:
2月8日(日本時間24:30開始予定)スペイン(同4位)
2月9日(日本時間26:00開始予定)ハンガリー(同19位)
2月11日(日本時間23:00開始予定)カナダ(同5位)

【組み合わせ】
中国開催:プエルトリコ(12位)、中国(2位)、ニュージーランド(23位)、フランス(7位)
ベルギー開催:セネガル(20位)、アメリカ合衆国(1位)、ベルギー(6位)、ナイジェリア(11位)
ブラジル開催:ブラジル(8位)、ドイツ(25位)、セルビア(10位)、オーストラリア(3位)
ハンガリー開催:スペイン(4位)、ハンガリー(19位)、カナダ(5位)、日本(9位)
※ランキングは2023年8月21日更新のもの



女子日本代表第5次強化合宿メンバー表

※年齢・所属は1月6日現在
氏名 P身長/体重生年月日(年齢)所属
吉田 亜沙美 PG165/631987/10/9(36)アイシン
髙田 真希 C185/741989/8/23(34)デンソー
町田 瑠唯 PG162/571993/3/8(30)富士通
本橋 菜子 PG164/551993/10/10(30)東京羽田
林 咲希 SG173/651995/3/16(28)富士通
馬瓜 エブリン PF180/791995/6/2(28)デンソー
宮崎 早織 PG167/561995/8/27(28)ENEOS
川井 麻衣 SG171/651996/4/11(27)トヨタ自動車
赤穂 ひまわり PF184/711998/8/28(25)デンソー
馬瓜 ステファニー PF182/781998/11/25(25)MOVISTAR ESTUDIANTES
オコエ 桃仁花 PF182/851999/2/7(24)UC Capitals
山本 麻衣 PG163/561999/10/23(24)トヨタ自動車
星 杏璃 SG171/652000/5/9(23)ENEOS
東藤 なな子 SF175/652000/11/29(23)トヨタ紡織
野口 さくら PF182/702001/2/24(22)アイシン
平下 愛佳 SG177/702002/1/14(21)トヨタ自動車
※上記は1月23日に合宿メンバーから外れた木村亜美(デンソー)、朝比奈あずさ(筑波大2年)、薮未奈海(デンソー)、絈野夏海(岐阜女3年)、4選手以外のメンバーです




チームスタッフ
チームリーダー 小栗 弘(公財)日本バスケットボール協会
ヘッドコーチ 恩塚 亨(公財)日本バスケットボール協会
アシスタントコーチ 鈴木 良和(株)ERUTLUC
アシスタントコーチ 今野 駿ENEOS
スポーツパフォーマンスコーチ 臼井 智洋(公財)日本バスケットボール協会
ドクター 小松 孝行順天堂大医学部スポーツ医学研究室
アスレティックトレーナー 荻野 まゆみ(公財)日本バスケットボール協会
アスレティックトレーナー 宮口 佳子S-Lifeはりきゅう院
マネージャー 成田 明香三菱電機
マネージャー 小松 佳緒里ENEOS





文/広瀬俊夫(月刊バスケットボールWEB)

PICK UP

RELATED