月刊バスケットボール7月号

車いすバスケ天皇杯が来週末開催、連覇を狙う神奈川・鳥海「皆さんに胸を張れるような内容あるプレーしたいと思います」

右から鳥海連志、土田真由美(共に神奈川VANGUARDS)、村上直広(伊丹スーパーフェニックス)、赤石竜我(埼玉ライオンズ)

神奈川が連覇か、待ったをかけるチームが現れるか


「天皇杯 第49 回日本車いすバスケットボール選手権大会」(2月3日・4日/東京都渋谷区・東京体育館)の出場チーム記者会見が1月26日に行われた。連覇を目指す神奈川VANGUARDSに所属する日本代表選手、鳥海連志は「連覇を目指して頑張ってきました。皆さんに胸を張れるような内容あるプレーしたいと思います」と語った。

【写真10点】出場チーム記者会見フォトギャラリーをチェック

天皇杯は車いすバスケのクラブ日本一を決定する国内唯一の大会。車いすバスケは、障害の度合いによって1点〜4.5点までの持ち点が振り分けられていて、コート内5人の合計が14点以内にならなければならない。天皇杯で興味深いのは、男子はもちろんのこと、女子選手、健常者(4.5点に該当)が同じチームで戦うことができるという点である。
前回大会では11連覇(2011年の大会中止を挟んで)を果たしていた宮城MAXが1回戦でまさかの敗退。頂点に立ったのがパラ神奈川SCだった。大会後、神奈川VANGUARDSに改称しており、今大会では連覇を狙う。鳥海は「連覇を目指して頑張ってきました。皆さんに胸を張れるような内容あるプレーしたいと思います。(まず1回戦を突破するために)やることは変わりません。ディフェンスを頑張って速いバスケをやること。それをブラすことなくやりたいです」と語った。鳥海のチームメイトで女子日本代表の土田真由美は「連覇できるように一丸となって頑張っています。チームの武器は、切り替えの速いバスケットボール。ハーフコートでもスピードを生かしていきたいと思います」とスピードを生かしたバスケで主導権を握りたいと語った。



また前回3位だった埼玉ライオンズに所属する日本代表の赤石竜我も今大会に懸ける思いは強い。「昨年は予選もギリギリで出場して天皇杯では3位でした。チーム入りして10年目。その間、目標は日本一と言い続けてきたけれど実現できていません。もうそれを繰り返したくないので、これが最後というくらいの強い気持ちで頑張りたいと思います」となんとしても初優勝を勝ち取りたいと明かした。

伊丹スーパーフェニックスに所属する日本代表選手、村上直広は「まずは1回戦を勝つこと。西の王者として優勝するために全力を出したいです。代表歴あり、得点力ある選手も多いし、予選でも得点力を見せられました。一方で、ディフェンスでは抑えるべき選手を抑えられなかったところがあったので意識シていきたいと思います」と語る。そして昨年大会は1回戦で埼玉ライオンズに敗れてしまったと明かすと「リベンジしたい」と語って赤石を牽制してみせた。

1日目に1回戦と準決勝を、2日目に決勝と3位決定戦を行う今大会。伊丹は1回戦でCOOLSと、埼玉はライジングゼファーフクオカWheelchairと対戦する。共に1回戦を突破すれば、今年も両者は対戦することになる。相手のどこを警戒しているかを聞いてみると、村上は「埼玉はトランジションが強くて、アウトサイドシュートも上手いです。そのオフェンスをうまく抑えながらも伊丹らしいいいバスケをしていきたいと思います」と、赤石は「伊丹の強みはフィジカルが素晴らしい。昨年の試合後、チームではフィジカルを強化してきました。強いコンタクトに負けないようにすることと、ヘッドコーチが策士なのでしっかりそのバスケを遂行したいと思います」と答えてくれた。



大会に出場するのは神奈川、伊丹、埼玉に加えて、ワールドBBC、NO EXCUSE、COOLS、ライジングゼファーフクオカWheelchair、SAGAMIFORCEの8チーム。戦力充実の神奈川が連覇を果たすのか、それとも待ったをかけるチームが現れるのか。注目の2日間となる。



「天皇杯 第49 回日本車いすバスケットボール選手権大会」

大会オフィシャルサイト:https://jwbf.gr.jp/tournaments/211
<試合予定>
■2月3日(土)
[10:00〜]
1回戦A(#1):神奈川VANGUARDS×SAGAMIFORCE
1回戦B(#2):ワールドBBC×NO EXCUSE
[12:25〜]
1回戦C(#3):伊丹スーパーフェニックス×COOLS
1回戦D(#4):ライジングゼファーフクオカWheelchair×埼玉ライオンズ
[14:30〜]
準決勝A(#5):GAME #1勝者×GAME#2勝者
準決勝B(#6):GAME #3勝者×GAME#4勝者

■2月4日(日)
[11:00〜]
3位・4位決定戦
[14:00〜]
決勝

<放送・配信>
■2月3日(土)
JWBF公式YouTubeチャンネルにてライブ配信
https://www.youtube.com/channel/UC19Oe6wsdfLww1byaawHy8A

■2月4日(日)
・BS日テレにて生中継
・日テレスポーツ【公式】YouTubeチャンネルにてライブ配信
https://www.youtube.com/channel/UCWt0yfrBaUk148rxaOp4b4w

文/広瀬俊夫(月刊バスケットボールWEB)

タグ: 車いすバスケ

PICK UP