月刊バスケットボール8月号

go parkeyが2つの公園にアートコートを作り上げる

生まれ変わったアクアパークのコート

go parkeyが手がけたコートが2つ完成


公園やプレイグランドをアートでリノベーションする一般社団法人go parkeyが埼玉・吉川市のアクアパークと東京・江戸川区の松本第二児童遊園、2つのアートコートを手がけた。

【写真11点】フォトギャラリーをチェック

昨年度の活動実績から、世界最大のスポーツ・サーフェイスメーカーSport Groupより、『プロジェクト・オブ・ジ・イヤー』を受賞したgo parkey。立ち上げから2年弱という団体だが、今回の2箇所を含めて5ヵ所のコートを手がけている。今回手がけたアクアパーク、松本第二児童遊園では異なるアーティストを起用。



レディ・ガガの履く「ヒールレスシューズ」の作者としても知られ、作品はメトロポリタン美術館などに収蔵されているアーティスト舘鼻則孝氏がアクアパークを、国内外でミューラルアートを幅広く手がけるアーティストIMAONE氏は松本第二児童遊園を担当。いずれも、都会的かつストリートカルチャーを楽しく共有していく場所に生まれ変わったと紹介している。go parkeyでは、今後も「老朽化が進み、安全面だけでなく環境面でも改善が必要な公園が増えている今、さらなるリノベーション・プロジェクトを推進していきたいと思います」と発表している。



松本第二児童遊園
松本第二児童遊園のアートコート

文/広瀬俊夫(月刊バスケットボールWEB)

PICK UP