月刊バスケットボール8月号

【ウインターカップ2023プレビュー】福岡第一高を訪問! 勝利と成長を支えるマクダビッド Vol.3/プレイヤーズボイス

インターハイで3位に入り、ウインターカップでも優勝候補の一角と目される福岡第一高。部員100人を超える大所帯が一丸となり、勝利と個々の成長を追い求めている。そんな彼らを、陰ながらサポートしているのがマクダビッド。プロテクティブアパレルHEX、サポーターなどは、福岡第一のバスケットを遂行するために欠かせないアイテムだ。選手たちにアイテムの使用感や身体のケアについて聞いた。

Vol.1/井手口 孝コーチインタビュー から読む
Vol.2/西丸太一トレーナーインタビュー 
から読む


■PLAYER’S voice ①

マクダビッドのおかげで安心してプレーできる
 今年の夏からインターハイ期間まで、ヒザのサポーターを使っていました。当時、ヒザが痛かったので、トレーナーさんに薦められたんです。使ってみたら、ほどよく固定されつつ動きやすくて気に入りました。通気性が良くて夏でも乾きやすく、毎日使えるのも良いです。
 サポーターを使う前はテーピングを巻いてもらっていたのですが、そうすると練習開始のチームでのストレッチに間に合わなかったり、練習の終盤にテープが緩んだりすることがありました。その点、サポーターは時間短縮になりますし、緩まないので安心感がありますね。インターハイ期間は、膝の痛みはありつつ安心してプレーできました。

M5117
4WAYニット ニー EPステー 2
¥5,720(本体価格 ¥5,200)


■PLAYER’S voice ②
連戦では身体のケアがパフォーマンスに大きく関わる
 中学生の頃から試合のときはマクダビッドのコンプレッションショーツを履いています。パッド入りのものを履くと、ももかん(大腿部の打撲)の心配がなくなるので、思い切りプレーできますね。
 身体のケアについて、中学生の頃までは全然意識していなかったのですが、高校に上がって身体の当たりも強いし、3年生になってプレータイムも増えるとケガも増えたので、年々ストレッチに時間をかけるようになりました。今思えば中学生や1、2年生の頃から、もっとしっかり身体をケアしておけば良かったです。
 ケガをしたら試合にも出られないですし、試合に出たとしても強いフィジカルがなければ押し負けて、ケガをする可能性も高まると思います。やっぱり日本一を目指す上でも、フィジカルの強さやストレッチなどの日頃のケアは大事かなと。特に全国大会などの連戦では身体のケアがパフォーマンスにも大きく関わると思うので、コンディションも含めて最高の準備をしてウインターカップに臨みたいです。

M7991
HEX サッドショーツ EX
¥9,900(本体価格 ¥9,000)


■PLAYER’S voice ③
マクダビッドのショーツで試合のスイッチが入る
 中学生の頃からずっと、試合のときにマクダビッドのショーツを履いています。最初にいろいろ試した中でも、一番気に入ったからです。使っているのはパッドなどのないシンプルなタイプですが、フィット感が良くて適度に締め付けられるので気に入っていますね。試合のときだけ履いていて、自分の中では一つのルーティンになっています。これを履くと「試合だ」という感じがして、スイッチが入るんです。
 もともと僕は面倒臭がりで、中学まではストレッチやトレーニングの重要性を説かれてもあまり身が入りませんでした。でも福岡第一に入学して、身体の当たりなどが全然違いましたし、先輩たちを見習って身体作りの大切さを実感しました。それに1年生の夏頃から半年ほど、腰のケガでプレーできない時期があり、それを機にストレッチやトレーニングに対する意識も変わりました。今では朝練の時間や練習後にウエイトトレーニングをしたり、寮でトレーナーさんに教わったストレッチをしたりしています。ケガを経て下半身を鍛えてきて、中学生の頃までディフェンスがあまり得意ではなかったのですが、高校では自分の武器にできているのかなと思います。
 レベルが上がるにつれ、強い身体がないと、当たり負けするし体力も削られます。ケガにもつながるので、やっぱり身体作りや身体のケアがあった上で、技術などがあるのかなと。そこは自分も強く意識しています。
 今年から試合に出るようになり、インターハイは手応えも課題も両方得られた大会でした。最近は1年生もすごく伸びてきて、いい刺激をもらっています。ガード陣の競争が激しいので、自分も危機感を持って練習や個人練習に取り組んでいます。ディフェンスから流れを持ってくるのが自分の持ち味なので、ディフェンスを頑張ってそこからオフェンスにつなげていきたいです。

M706

コンプレッション ショーツ
¥3,520(本体価格 ¥3,200)

Vol.1/井手口 孝コーチインタビュー を読む
Vol.2/西丸太一トレーナーインタビュー
 を読む







取材・文/中村麻衣子(月刊バスケットボール)

タグ: マクダビッド

PICK UP