月刊バスケットボール5月号

NBA

2023.10.25

サンアントニオ・スパーズ2023-24シーズン展望――スーパースパーズファン小谷氏が地元ジャーナリストを直撃

サンアントニオ・スパーズの熱烈なファンで、現在アメリカ在住の小谷太郎氏が、NBAスパーズの地元サンアントニオのテレビ局KENS5のスポーツキャスター、 ケイシー・ビエラ氏とタッグを組んでスパーズ動向を語り合う「スパーズ・ラウンドテーブル(座談会[※今回は二人による対談])」をスタート。今シーズンを通して随時実施予定とのことで、ここでは開幕直前に行われたその第1回目の内容をお伝えする(収録は北米東部時間10月23日)。「地元メディアの声を直接耳にすることはなかなかないと思うので、これを機にスパーズを身近に感じてもらえればと思っています」と小谷さん自身も楽しく取り組んでいる企画だが、ドラフト全体1位のビクター・ウェンバンヤマ加入など話題も豊富なスパーズの情報を、二人の会話でぜひ楽しんでいただきたい。


ウェンビー加入で戦い方の幅が広がったスパーズ


日本時間10月21日(北米時間20日)に行われたゴールデンステイト・ウォリアーズとのプレシーズン最終戦でのビクター・ウェンバンヤマ。身長224cmでダンク、ドライブ、3Pショット、ミドルレンジのプルアップ・ジャンパーなど驚くべき多彩さをもつ超人的プレーヤーだが、この試合でも3Pショット2本成功を含む19得点に4リバウンド、5ブロックの活躍で122-117の勝利に貢献した(Photo by Thearon W. Henderson/Getty Images)


小谷: プレシーズンが終わったね。昨シーズンのレギュラーシーズンはディフェンシブ・レーティングが119.6っていう悲しい数字で最下位。プレシーズンの数字はあまり正直ではないけど、5試合でリーグ8位の104.2まで改善でき、ディフェンスはアクティブで良かった。

フォワードのジェレミー・ソーハンにプレーを作らせる“ポイント・ソーハン”も良かった。彼の役割は、今はビクター・ウェンバンヤマとハイピック(高い位置でのピック&ロール)をすることではなくて、オフェンスをセットしてイニシエートさせる(起点となる)ことだからね。チームとしてプレシーズンで、平均29.6アシスト(リーグ3位)を記録していたのも印象的だったよ。

ビエラ: ディフェンスに対してのコミットメントはとても高いように感じた。去年のディフェンスは本当に酷かったから。ウェンバンヤマもあの身長と長さで、ただリム周辺で立っているだけではないのでインパクトも大きい。メディアデーでデビンヴァセルは、はっきりディフェンスが酷かったと話していたし、チームとしてもそれが問題だと認識しているように感じたよ。

“ポイント・ソーハン”は、NBA2Kの世界では試せたかもしれないけど、世間は本当にチームがこれにコミットするとは思っていなかったんじゃないかな。これもある種ウェンバンヤマがポジションレスでプレーできることの恩恵かもしれないよ。ソーハンもポイントカードをこなすと言いながら、身長203cmと大きい。これからもっとオーソドックスではないラインナップでプレーしてもおかしくない気がしているよ。



僕はコーチでないけれども、ウェンバンヤマのスキルを見ていると、例えばウェンバンヤマが3番、ザック・コリンズが4番、チャールズ・バッシーが5番でソーハンとデビン・バッセルなんていうラインナップがあってもおかしくない。ウェンバンヤマの存在がいろんな選択肢を生む可能性があるよね。

プレシーズンでもう一つ感じたことは、グレッグ・ポポビッチHCがオープンマインドであること。例えばソーハンをポイントカードで起用していることもそうだし、これまで以上にオープンなマインドセットでロスターに順応しようとしている姿勢が見られる。ウェンバンヤマがいることはとても贅沢なことだけども、“ポイント・ソーハン”が機能すればソーハンの存在もとても贅沢なものになるし、さらにオーソドックスではないラインナップが見られるかもしれない。


ジェレミー・ソーハン(写真/©NBA)

小谷: ウェンバンヤマの活躍は理屈抜きにすごいね。正直サマーリーグで見たときは、身体作りも含めてNBAに適応するのに少し時間が必要かなと思っていたけど、完全に間違っていた。プレシーズンでは、サイドステップからの3Pショットだったり、ファストブレイクでユーロステップからのダンクを決めたり、ビデオゲームみたいなことをそつなくこなしている。

ビエラ: プレシーズンのマイアミ・ヒート戦をアリーナで見て、そこで初めて肉眼でウェンバンヤマを見たよ。15分くらい試合に出て、56回シュートして、1ブロックを記録する程度でベンチに下がるかなと想定していたけど、僕が思っていた以上のプレーヤーだったし、世間が思っている以上だね。今の時点ですでに、ファンがあっけにとられてしまうようなことを毎試合できてしまう。

ただ、当然他チームは彼をスカウトして試合に臨むからプレースタイルは解析される。シーズン中どこかで彼が苦境に立たされることが出てくる。そういう場面で彼がどう対応して、適応するのかを見るのがとても楽しみだ。もしかしたらウェンバンヤマの引き出しからポポビッチHCも想像していなかったことが出て来るかもしれない。

でも全体的にはタロウの意見に同意だね。彼のプレーはとんでもなくすごいよ。キャリアはまだ始まったばかりでも、彼はすでにグローバル・セレブリティだ。メディアデーでは、仕事を忘れて彼の写真を撮ってしまったこともあったよ。サンアントニオの街にとっても特別なときがやってきたんだ。



Text by Taro Kotani, in collaboration with Casey Viera/KEN5

タグ: サンアントニオ・スパーズ

PICK UP

RELATED