月刊バスケットボール24年3月号

NBA

2023.10.24

トレード希望の元MVPハーデン、チームに合流せず、“開幕戦も不透明”と報道

トレード実現せず。チーム練習、プレシーズンゲームも欠席…


NBA開幕を翌日に控えた現地10月23日(日本時間24日)、「ESPN」記者でNBAインサイダーのエイドリアン・ウォジュナロウスキー氏は、チーム情報筋から聞いた話としてジェームズ・ハーデン(シクサーズ)が月曜日もチームに合流しておらず、開幕戦に出場するかは不透明だと伝えた。チームは現地10月26日(同27日)のレギュラーシーズン開幕戦でバックスと対戦する。

【動画・表】ハーデンのスーパープレー集&スタッツ表をチェック

ハーデンがなぜこのような行動を取っているのか? それはダリル・モリーGMへの不満からと言われている。ロケッツ時代にハーデンを軸とするチームを作り上げた同GMとの縁もあって、2020-21シーズン途中にネッツからシクサーズにトレードとなった。しかし、信頼は不満に変わってしまう。
6月、ハーデンは3,560万ドル(約53.3億円)というプレーヤー・オープションを行使。そしてトレード希望が取り沙汰された。元々はオプション行使ではなく長期契約の契約を望んでいた。だが、シクサーズから好条件は提示されず。移籍希望に至ったと伝えられている。



今年8月には、モリーGMについて “嘘つきだ”と語った動画が出回って話題となり、キャンプ初日のメディアデーには表れず。何とか合流したものの、10月13日には、「ここに来た時にはシクサーとして引退したいと思っていた。だが、フロントオフィスにはそんな考えはなかった」と発言。不満を露わにしていた。

ハーデンはクリッパーズとのトレードを希望しているという話だが、「ESPN」のブライアン・ウィンドホースト記者はすでにクリッパーズがその交渉を終了させたと伝えている。2009年のNBA入りから4チームで14シーズンを過ごし、3度の得点王にシーズンMVP、昨季は2度目のアシスト王に輝くなど成績については申し分ないハーデン。果たしてチームに合流するのか? まずは現地10月26日の開幕戦に注目したい。


文/広瀬俊夫(月刊バスケットボールWEB)

タグ: NBA ジェームズ ハーデン

PICK UP

RELATED