月刊バスケットボール7月号

Bリーグ

2023.10.19

アダストリアも参加し、競技の垣根を超えたイベント「MITO BLUE PRIDE 2023 with ADASTRIA」が開催

ロボッツ・平尾充庸、ホーリーホック・村田航一によるプレゼント交換会(写真提供:プラチナム)

バスケ、サッカー、自治体、アダストリアが参加して実施


10月18日、茨城・水戸駅にて水戸市、B1茨城ロボッツ、サッカーJ2水戸ホーリーホックらが参加したイベント「MITO BLUE PRIDE 2023 with ADASTRIA」が開催された。

【写真7点】イベントフォトギャラリーをチェック

「MITO BLUE PRIDE」は、バスケのロボッツ、サッカーのホーリーホックとブルーをチームカラーにする2チームと水戸市がチームと競技の垣根を越えてスポーツ振興を図ろうというイベント。今年は水戸が創業の地であり、今月創業70周年迎えた両チームのスポンサーであるアダストリアも加わっての開催となった。

当日は、水戸市と3社マスコットキャラクターのオリジナルアイテムの配布、ホーリーホック応援ソングライター宇宙まおさんのオリジナルソング披露ライブ、高橋靖市長、ロボッツの西村大介社長、ホーリーホック小島耕社長によるトークショー、ロボッツ・平尾充庸、ホーリーホック・村田航一によるプレゼント交換会を実施。また小学生を対象に水戸駅周辺でスタンプラリーを実施し、両チームのマスコットが入ったアダストリア製Tシャツ、下敷きの先着プレゼントを行った。

アダストリアはまた10月22日に、水戸・アダストリアみとアリーナで行われるロボッツ対大阪エヴェッサ戦で先着4,500名にオリジナルアクリキーホルダー・インサートシートをプレゼントするほか、同日に水戸・ケーズデンキスタジアムで行われるホーリーホック対ザスパクサツ群馬戦で先着3,000名にオリジナルスマホショルダーをプレゼントすると発表している。

文/広瀬俊夫(月刊バスケットボールWEB)

タグ: 茨城ロボッツ

PICK UP

RELATED