月刊バスケットボール8月号

【DVD紹介前編】佐藤久夫コーチ「U-18 誰にでもできることをしっかりプレーしよう」

「誰でもできるバスケットボールでも、みんな、ミスはいっぱいあるだろう? それがごく自然に、当たり前のようにできるようになることで、優勝しているんだ。“誰でもできること”だけでも、優勝できる」
 
6月に急逝した仙台大明成高の佐藤久夫コーチが、昨年10月に残した言葉だ。当時の佐藤コーチは、ジャパンライム株式会社とともに“バスケットボールの基本”をテーマとした新作の指導論DVDを制作していた。その収録の最中、選手たちに語ったのが冒頭の言葉である。
 
収録から約1年がたった10月5日、ご遺族の承諾を得て、佐藤コーチの生前最後のDVD作品となった今作『U-18 誰にでもできることをしっかりプレーしよう』が発売された。その映像内には、練習すれば“誰でもできる”が、その一方で疎かになりがちな基本プレーの解説が惜しみなく収録されている。
 
DVD3枚組のDisc1は「急発進と急ブレーキ」というストップ練習を皮切りに、三角コーンを使った「小回りの効く動き」、ミニハードルを使った「ドリブルのステップワーク&ボディワーク」など、仙台大明成高で実際に行われていたフットワークやドリブル練習の紹介から始まる。ポジション関係なく、小柄なガード陣も2m級のセンター陣も、一様に同じメニューに取り組むのは、選手の“個の力”の育成に力を注いでいた佐藤コーチにとって当たり前のことだ。
 
また、次のサンプル映像は、Disc1の一部分「プレッシャーをリリースするピボット」を抜粋した映像。
 

 
ディフェンスに激しくマークされても、パスミスせずにボールを受けるための体の使い方を、佐藤コーチが実際にコートに入って言葉をかけながら解説。2対2のパスワークの練習では「ストップ!」と練習を止め、ボールを受けた選手のピボットの仕方を指摘したり、「ラダーからの急発進がない」とスピードの緩急を注意したりと、熱のこもった指導を見せている。
 
こうした練習からも分かるとおり、佐藤コーチは決して複雑なことや、特別なことを指導しているわけではない。ただ、そんな“誰でもできること”を極めることの難しさと大切さを、佐藤コーチはDVDを通して伝えてくれている。
 
詳しい商品説明や本編サンプル動画は、下記ジャパンライム株式会社の公式HPにて。


■作品名:佐藤久夫『U-18 誰にでもできることをしっかりプレーしよう』
■商品名:1138-SDVD 3枚組)
■制作:ジャパンライム株式会社
■通販サイト:https://www.japanlaim.co.jp/fs/jplm/gr3316/gd9052


 
本サイトで後日公開する【DVD紹介後編】では、基本のプレーをより実戦的に発展したDisc2、Disc3の内容について紹介する。
 
(月刊バスケットボール)



文/中村麻衣子(月刊バスケットボール)

タグ: 佐藤久夫

PICK UP

RELATED