月刊バスケットボール7月号

女子日本代表、五輪世界最終予選は世界4位スペインらと同組に

来年2月開催、OQTの組み合わせが決定!


現地10月5日(日本時間6日)、FIBAは2024年2月8日〜11日に世界4ヵ所で行われる女子オリンピック世界最終予選(OQT)の組み合わせ抽選会をハンガリー・ショプロンで開催。日本(FIBAランク9位)はスペイン(同4位)、ハンガリー(同19位)、予備予選1位チームと同組になり、ショプロンで戦うことになった。

【動画】日本銀メダル!東京2020大会女子準決勝$決勝ハイライトを見る

パリ五輪に向けての世界最終予選の組み合わせがついに決まった。OQTはベルギーのアントワープ、ブラジルのベレン、ハンガリーのショプロン、そして中国(開催地未定)で行われ、日本はハンガリーのショプロンに振り分けられることに。スペイン、ハンガリー、予備予選1位チームと対戦することになった。予選は総当たり戦で行われ、上位3チームがパリ五輪の切符を手にする。予備予選は11月にコロンビアで開催されるもので、カナダ、プエルトリコ、コロンビア、ベネズエラが参加。上位2チームがOQTへの切符を得ることになり、日本の組には予備予選1位のチームが加わる。



他会場の組み合わせは以下のとおり。中国(開催地未定)会場、ベルギー(アントワープ)会場では上位2チームが、ブラジル(ベレン)会場、ハンガリー(ショプロン)では上位3チームがパリ・オリンピックの出場権を手にする。

■中国(開催地未定)会場(上位2チームが出場権獲得)
・予備予選2位チーム
・中国(同2位)
・ニュージーランド(同23位)
・フランス(同7位/開催地で出場権獲得済み)

■ベルギー(アントワープ)会場(上位2チームが出場権獲得)
・セネガル(同20位)
・アメリカ(同1位/W杯優勝で出場権獲得済み)
・ベルギー(同6位)
・ナイジェリア(同11位)

■ブラジル(ベレン)会場(上位3チームが出場権獲得)
・ブラジル(同8位)
・ドイツ(同25位)
・セルビア(同10位)
・オーストラリア(同3位)



日本はもしオリンピック出場が決まれば、3大会連続6度目の出場となる。2021年に開催された東京2020大会ではホスト国として出場し、現在男子を指揮するトム・ホーバスヘッドコーチの下で銀メダルを獲得している。



文/広瀬俊夫(月刊バスケットボールWEB)

タグ: 女子日本代表

PICK UP

RELATED