月刊バスケットボール8月号

女子日本代表8強入り、準決勝で韓国と決勝で中国と対戦の可能性[アジア競技大会]

チームとしてステップアップしていると強調しているキャプテンの林咲希

グループ1位で決勝トーナメントへ


第19回アジア競技大会(2022/杭州)に出場中のAKATSUKI JAPAN女子日本代表(FIBAランク9位)は10月1日、フィリピン(同37位)に 96-59で勝利してグループステージを1位で終了。決勝トーナメントの準決勝では韓国(同13位)と決勝では中国(同2位)と対戦する可能性がある。

【動画】女子日本代表からのメッセージ「1位になりました!」を見る

フィリピン戦のスターターは宮崎早織、林咲希、星杏璃、髙田真希、赤穂ひまわり。日本は開始4分で星、赤穂が連続得点して11-3というスタートダッシュを決めると5本の3Pシュートを沈めて35-14とリードを握る。2QはFG成功率が27.3%(6/22)と低調となるが50-26で後半へ。3Q序盤は宮崎が活躍。スティールからのミドルシュートでクォーター初得点をあげると星、林、赤穂の得点を演出するアシストパスを成功させる。流れを渡さずに66-39で4Qを迎えると宮崎、林、星、平下愛佳らが6本の3Pシュートを沈めるなどで30-20と点差を広げて96-59で勝利した。



日本は決勝トーナメント初戦となる準々決勝(本日日本時間21時開始予定)で、インドネシア(同51位)と対戦する。勝ち進んだ場合、準決勝では韓国と決勝では中国と対戦する可能性がある。

開催国・中国とは6月末から開催されたアジアカップの決勝で対戦。その際は35-26とリードして後半を迎えたが、4Q終盤に競り合いとなって71-73で悔しい逆転負け。大会6連覇には届かなかった。
今大会前の公開練習で恩塚亨ヘッドコーチは「もちろん優勝を目指しています。地元で負けられない中国はベストメンバーで来る。相手の上を行く戦いをしたい」と中国を倒しての優勝を狙うと語っている。またキャプテンの林咲希はアジアカップでの課題を合宿で練習していることもあり、「悪い流れになってもやるべきことをやれば優勝できると思っています」とアジアカップよりもチームとしてステップアップしていると強調している。

中国は優勝したアジアカップのメンバーからはMVPとなった205cmシュー・ハンをはじめ10選手が入り、昨年のワールドカップで活躍したリー・ユエル、ファン・シジンも加わった強力ロスターで臨んでいてグループステージは3戦全勝となっている。その戦いぶりを考えると、決勝に中国が勝ち上がってくる可能性は高い。日本としてはまず準々決勝、準決勝を勝ち進む必要があるが、アウェイでの決勝で強力ロスターの中国を下すことができれば、もちろん大きな自信となるはずだ。
決勝トーナメントは以下の日程で行われる。



■第19回アジア競技大会(2022/杭州)

期間:2023年9月23日(土)〜10月8日(日)
開催地:中国・杭州
※下記時間は日本時間

<女子日本代表試合予定>※時間は現地時間(日本時間との時差は+1時間)
・グループB/日本(9位)、フィリピン(42位)、カザフスタン(64位)、香港(103位)
[1]9/27(水)/◯118-46✕香港
[2]9/29(金)/◯92-30✕カザフスタン
[3]10/1(日)17:30〜予定/vs.フィリピン
10/2(月)日本時間21時〜予定/準々決勝vs.インドネシア(51位)
10/3(火)日本時間21時〜予定(日本が勝ち進んだ場合)/準決勝vs.(韓国×フィリピンの勝者)
10/5(木)/日本時間17時〜3位決定戦、日本時間21時〜決勝

<男子日本代表試合予定>
・グループD/日本(36位)、韓国(38位)、インドネシア(85位)、カタール(89位)
[1]9/26(火)/◯95-63カタール
[2]9/28(木)/◯70-57✕インドネシア
[3]9/30(土)/◯83-77✕韓国 
10/3(火)21:00〜予定/準々決勝
10/4(水)/準決勝・5-8位決定戦
10/6(木)/決勝・3位決定戦・5-6/7-8位決定戦



<3x3男子日本代表(U23)試合予定>
[1]9/26(火)/◯19-15✕トルクメニスタン
[2]9/27(水)/◯22-13✕イラン
[3]9/28(木)/◯21-17✕韓国
[4]9/29(金)/◯22-7✕モルディブ
9/30(土)準々決勝予選/◯21-12✕マカオ
9/30(土)準々決勝/✕15-21カタール
※最終6位


<3x3女子日本代表(U23)試合予定>
[1]9/25(月)/◯22-4✕ネパール
[2]9/27(水)/✕12-15◯チャイニーズ・タイペイ
[3]9/29(金)/◯19-7✕カザフスタン
9/30(土) 準々決勝予選/◯21-14✕香港
9/30(土)準々決勝/◯19-16✕韓国
10/1(日)準決勝/✕15-21中国
10/1(日)3位決定戦/◯21-13チャイニーズ・タイペイ
※最終3位




[関連]🌺W杯バスケ公式オンラインショップ🏀

[関連]W杯バスケ 公式ガイドブック発売中❣❣






文/広瀬俊夫(月刊バスケットボールWEB)

タグ: Akatsuki Japan

PICK UP

RELATED