月刊バスケットボール5月号

「FIBA U16アジア選手権大会2023」速い展開で地元・カタールを1Qから圧倒!

 9月17日にカタール・ドーハにて開幕した「FIBA U16アジア選手権大会2023」。初日のイラン戦で大きな1勝を挙げた男子U16日本代表は、9月18日の予選グループ第2戦、地元・カタールとの試合に臨んだ。
 
 日本はイラン戦と同じく、#4髙田将吾、#5千保銀河、#10新郷礼音、#12ベネディクト研一郎、#15白谷柱誠ジャックの5人をスタメンにオーダー。1Q、#5千保のフリースローで先制点を挙げると、速い展開から#15白谷らが得点を重ね、立ち上がりの2分で8-0と先手を打った。その後もアグレッシブなディフェンスで相手を苦しめ、速攻で得点を重ねていく日本。結局、1Qを終えて37-15と大きく22点リードに成功すると、2Q以降もベンチメンバーが手を緩めない。2Q、3Qでさらにリードを拡大し、最終的には93-68で快勝を収めた。
 
 #4髙田が18得点、#5千保が17得点、#12ベネディクトが15得点、11リバウンド、#15白谷が11得点、10リバウンドと仕事を果たしたほか、ベンチ出場の#14本田蕗以も14得点で存在感を見せた。これで日本は開幕2連勝。続く予選グループ第3戦は、1917:30(日本時間)からサウジアラビアと対戦する。3戦全勝で決勝トーナメントに弾みを付けたいところだ。

 
(月刊バスケットボール)

 

 



タグ: Akatsuki Japan

PICK UP

RELATED