月刊バスケットボール8月号

男子U16日本代表12名を発表、9月17日よりU16アジア選手権に出場

3Pシュートも得意と語る中村颯斗(四日市メリノール学院中)

男子U16日本代表12名が発表に


公益財団法人日本バスケットボール協会は9月12日、「FIBA U16アジア選手権大会2023」(9月17〜24日/カタール)に出場する男子U16日本代表12選手を発表した。チームは本日より直前合宿に入っている。

【表】「FIBA U16アジア選手権大会2023」男子U16日本代表12選手を見る



チームは2007年生まれの高校1年生が中心。アメリカで活動する新郷礼音(Team Thad)、ベネディクト研一郎(Iona Prep School)が選ばれたほか、第53回全国中学校バスケットボール大会を制した四日市メリノール学院中から中村颯斗、本田蕗以、白谷柱真ジャックと3選手が選ばれている。

昨年行われた前回大会では、川島悠翔(現NBAグローバルアカデミー)が平均26.6得点、11.2リバウンドと活躍してMVPを受賞。決勝ではオーストラリアに敗れたものの、準優勝となってFIBA U17ワールドカップに出場を果たしている。


「FIBA U16アジア選手権大会2023」

■開催期間:2023年9月17日〜24日

■開催地:カタール

■大会公式サイト:https://www.fiba.basketball/asia/u16/2023

■組み合わせ:
[グループA]オーストラリア、インド、レバノン、スリランカ
[グループB]イラン、日本、カタール、サウジアラビア
[グループC]ニュージーランド、韓国、バーレーン、ヨルダン
[グループD]フィリピン、中国、マレーシア、カザフスタン



■グループラウンド スケジュール(予定):
9月17日(日)対イラン(日本時間20:30ティップオフ)
9月18日(月)対カタール(日本時間23:00ティップオフ)
9月19日(火)対サウジアラビア(日本時間17:30ティップオフ)
※グループ1位は準々決勝進出、同2、3位は準々決勝予選に進む

■決勝トーナメント
9月21日(木)準々決勝予選
9月22日(金)準々決勝
9月23日(土)準決勝・順位決定戦
9月24日(日)決勝・3位決定戦・順位決定戦




写真/中村麻衣子(月刊バスケットボール)

タグ: Akatsuki Japan

PICK UP

RELATED