月刊バスケットボール8月号

NBA

2023.09.11

“コービーを称えたかったんだ”ジョコビッチが全米テニス表彰式で驚きのTシャツを披露

コービーの言葉に助けられたと語ったジョコビッチ


現地9月10日(日本時間11日)、USオープンテニス決勝でノバク・ジョコビッチ(セルビア)が男女を通じて史上最多となるグランドスラム通算24度目の優勝を達成。その表彰式で驚かせたのが、親友だったという故コービー・ブライアント(元レイカーズ)を称えるTシャツを着て登場したこと。“コービーを称えたかった”と敬意を表したいと思っていたと明かした。

【動画】ジョコビッチのコメントシーン&Tシャツを着るシーン



ブライアントと写した写真、マンバフォーエバーの文字をデザインしたTシャツを着たジョコビッチは「彼の死に僕は深く傷ついたんだ。“24”は彼がレイカーズでバスケ界の伝説になった時に付けていたもの。彼を称える象徴的なものになると思ったんだ」とコメント。「コービーは親友だった。僕がケガで苦しんでいた時、カムバックして再びトップに戻ろうという時に彼と、勝者のメンタリティーについてたくさん話した。(グランドスラムで24度目の)優勝をするチャンスがあれば、こういうTシャツを着ようと決めていたんだ」とブライアントに対する恩を表現したかったと明かした。

ブライアントは1996年ドラフト1巡目13位指名でホーネッツから指名を受けると、直後にブラディー・ディバッツとの交換でレイカーズ入り。以来20シーズン、レイカーズ一筋でプレーして5度の優勝に貢献した。18度のオールスター選出、15度のオールNBAチーム選出、シーズンMVP、オールスターMVP、ファイナルMVP、NBA75周年記念チーム選出など輝かしい経歴を残して2015-16シーズンで引退。必要なところで確実に得点を奪うところから、100%に近い確率で獲物を仕留めるへび“ブラックマンバ”とニックネームを付けられ、自身はそのメンタリティーについて「常に最高の自分になろうと努力を続けること。 昨日よりももっと良い自分になろうとし続けること」が大切と語っていた。



2020年1月26日、ブライアントはヘリコプターの墜落事故に遭い、娘ジアーナらと共に悲劇的な死を遂げている。
その事故直後の全豪オープンで、ジョコビッチは8、24とブライアントの背番号を刻んだウエアを着用。「この10年間、彼と個人的な関係を持つことができたのは幸運だった。アドバイスやサポートが必要なとき、彼はそばにいてくれた。彼は私の師であり、親友だった。彼と娘さんの悲報を聞いて心が痛い。彼は史上最高のアスリートの一人であり、私や世界中の多くの人々にインスピレーションを与える存在だった」と言葉にすることができないと悲しんでいた。


PICK UP

RELATED