月刊バスケットボール7月号

日本代表、ベネズエラに大逆転勝利!4Q比江島慎の爆発から五輪出場権に向けて貴重な一勝を挙げる【W杯バスケ】

4Q、大活躍を見せた#6比江島慎と称える渡邊雄太

4Q、比江島が引っ張って大逆転!


8月31日、「FIBAワールドカップ2023」AKATSUKI JAPAN日本代表(FIBAランク36位)は、17位〜32位決定戦でグループF4位のベネズエラ(同17位)と対戦。51-62で迎えた4Q、#6比江島慎の大活躍から流れをものにして86-77で逆転勝利。パリ五輪出場権奪取に向けて貴重な1勝を挙げた。

【動画】比江島慎大活躍!ベネズエラ戦ハイライトをチェック

【写真12点】日本×ベネズエラフォトギャラリーをチェック

日本代表はファーストラウンド2戦目、フィンランド(同24位)に98-88で勝利。日本開催となった2006年大会(当時の大会名は世界選手権)のパナマ戦(78-61)以来の勝利を果たしたものの、東京五輪銅メダリストのオーストラリア代表(同3位)に敗れて17位〜32位決定戦に進むことに。オリンピック出場権を得られるアジア1位を賭けて、17位〜32位決定戦初戦に臨んだ。


日本のスターターはオーストラリア戦に続いて#5河村勇輝、#6比江島、#18馬場雄大、#12渡邊雄太、#24ジョシュ・ホーキンソン。日本はファーストオフェンスで#12渡邊が3Pシュートを成功。続いて#5河村がフリースローを奪うと、バックコートからプレッシャーをかけてターンオーバーを引き出すなど攻防で良いシーンが出る。しかし、このあと日本にもミスが続いて点の取り合いに。6比江島の3Pシュート、#12渡邊のダンクが出たものの、残り5分で10-14とされる。流れが今ひとつだったが、#12渡邊がインサイドで好守を連発してチームを鼓舞。追う日本は#2富樫勇樹が3Pシュートを決めると堅い守備を見せたが、15-19として1Qを終える。

2Q日本は開始約3分得点なし。#6比江島が3Pシュートを沈めるが18-27となる。ここで#5河村がゴールにアタック。3Pプレーを決めると直後、バックコートからプレッシャーをかけて#91吉井裕鷹がスティールしてレイアップ。そのまま、ゴールにアタックしてバスケットカウント。3Pプレーにならなかったが、日本の守備に良いシーンが続く。そして#5河村が躍動。またも3Pプレーを決めると、さらにフリースローを決めて追い上げると、22歳コンビの#30富永啓生がこの日1本目の3Pシュート。3点差まで迫る。直後に#20ジョハネル・シフォンテスの3Pシュートなどで差を広げられたものの、日本のラストプレーで#18馬場が3Pプレー。36-41でハーフタイムを迎えた。日本は全試合で前半リードを許しているが、1桁に抑えたのは初である。

3Q、日本は#12渡邊がビッグプレーを連発。ディフェンスでレイアップに対して背後からブロック、オフェンスで連続3Pシュートを成功。44-45と1点差にする。追い上げムードだったが、クォーター中盤、#18馬場が接触プレーでしばらく立ち上がれなくなってベンチに下がる。日本はなおもシュートを放っていくが、リングに嫌われて残り3分半で46-57と点差を広げられてしまう。
残り2分45秒、#18馬場がコート復帰すると、日本のリズムが良くなる。速攻から#12渡邊、#30富永が決めると、ラストプレーで#12渡邊が決めて51-62として4Qを迎えた。


4Q残り7分19秒、#6比江島の3Pシュートで58-68とすると、#5河村がレイアップで8点差に。すぐに相手に決められるが、#6比江島がまたも3Pシュート、2Pシュート、3Pシュートと連続して得点。残り4分強で3点差にする。しかし、ベネズエラもシュートを決めて7点差まで再び差を広げられる。それでも#24ホーキンソン、#12渡邊のフリースローで残り2分強で73-74に。そして残り1分55秒、#18馬場のスティールからの速攻で#6比江島が3Pプレー。ついにベネズエラを捉えて76-74と逆転する。直後の攻撃を守った日本は#5河村が3Pシュートを成功。直後に3Pシュートを返されて79-77となったものの、#6比江島が今日6本目の3Pシュート。さらに#18馬場が決めてリードを広げて逃げ切り。大きな大きな1勝を挙げた。

日本は#6比江島が両チームトップの23得点。さらに#12渡邊が21得点、#5河村が19得点(11アシスト)、#24ホーキンソンは6得点ながら11リバウンドを奪った。チームとしては2Pシュート成功率が49%(17/35)、3Pシュート成功率が34%(12/35)をマーク。最終的にベネズエラから19ターンオーバーを奪っている(日本は13ターンオーバー)。

---------------------------------------------------------------------------
■FIBAワールドカップ2023日本代表試合結果予定
ファーストラウンド・グループE
・8月25日(金)日本☓63-81◯ドイツ[11位](21:10ティップオフ)
・8月27日(日)日本◯98-88☓フィンランド[24位](21:10ティップオフ)
・8月29日(火)日本☓89-109◯オーストラリア[3位](20:10ティップオフ)
※日本1勝2敗:グループE3位
[17‐32 位順位決定リーグ]
・8月31日(木)日本◯86-77☓ベネズエラ[17位](20:10ティップオフ)
・9月2日 (土)日本vs.カーボベルデ[64位](20:10ティップオフ)
※順位はFIBAランク


写真:石塚康隆(月刊バスケットボール)

PICK UP

RELATED