月刊バスケットボール24年3月号

【バスケW杯】男子日本代表、最速なら8/31にパリオリンピック出場権獲得 - 17-32位決定戦展望

FIBAバスケットボールワールドカップ2023830日にグループステージの1次ラウンド全日程を終えた。27日にフィンランドを倒した男子日本代表は12敗得失点差-28の成績。17-32位決定戦に回ることとなったが、アジア勢6チームの中でもトップの成績だ。もし日本が31日にベネズエラに勝利し、他のアジア勢5チームがすべて敗れ、さらにニュージーランドがメキシコに勝利すると、その時点で日本はパリオリンピック出場権を獲得することができる。


☆アジア勢6チームのオリンピック出場権争い(1次ラウンド終了時点)
※勝敗と得失点差を基準とした順位、チーム名、勝敗成績(得失点差)
1. 日本 12敗(-28
2. フィリピン 03敗(-23
3. イラン 03敗(-63
4. ヨルダン 03敗(-77
5. 中国 03敗(-80
6. レバノン 03敗(-100

1次ラウンドの各グループで3位、4位となった計16チームが4つのグループ(グループMNOP)で総当たり戦を行う17-32位決定戦(1次ラウンドで対戦したチーム同士の対戦成績は持ち越しとなり、再戦は行われない)の順位決定方法は、上記の勝敗がそのまま反映されるわけではない。各グループ1位は17-20位に、2位のチームは21-24位、3位ならば25-28位、最下位なら29-32位に自動的に割り振られ、さらにグループ順位が同じチーム同士の順列は、FIBA公式ルールブックの規則に従って決められる。そのため多様なシナリオが想定できる状況だ。


連勝ならパリオリンピック出場とワールドカップ歴代最多の3勝目

日本が17-32位決定戦で所属するグループOは、カーボベルデ、ベネズエラ、フィンランドが同組。日本はこのうちベネズエラと31日に、カーボベルデと9月2日(土)に対戦する予定だ。まずは日本の可能性と戦況を、そしてさらに各チームの可能性を見ていこう。


8月29日のオーストラリア戦で気迫のこもった表情を見せる渡邊雄太。チーム全体に緊迫感や自信がみなぎる日本代表は、ここまでアジア勢1位の成績を残している(写真/©FIBAWC2023)

☆日本の戦況と今後の予定(8月30日時点)
※グループ順位は17-32位決定戦でのもの、チーム名右のカッコ内はFIBA世界ランキング(後述のアジア勢各チームについても同じ)
日本(36) 1勝1敗(グループO1位)
8/25 63-81ドイツ(11
8/27 98-88フィンランド(24
8/29 89-109オーストラリア(3
8/31 vs.ベネズエラ(17
9/02 vs.カーボベルデ(64

アジア勢で唯一1勝を挙げている日本は、残る2試合に勝利できれば、文句なくアジア勢1位としてパリオリンピック出場決定。同時にそれは、史上初めて単一のワールドカップで3勝を挙げることを意味し、新たな歴史が刻まれる。仮に11敗(通算成績23敗)、あるいは2連敗(同14敗)の場合は、他グループのアジア勢の勝敗によりタイブレーカーで上回る必要性が出てくる可能性が高い。31日の日程でほかのアジア勢5チームが全敗という他力本願がかなわない場合、どんな状況が想定できるだろうか。


☆日本の今大会におけるパリオリンピック出場決定の場合分け(8月30日までの日程消化時点)

1. ベネズエラ、カーボベルデに連勝した場合(日本の通算成績=3勝2敗)

グループO1位に加え、アジア勢を勝敗成績で上回るため、他チームの動向に寄らずパリ行き決定!

2. ベネズエラに勝ち、カーボベルデに敗北(日本の通算成績=2勝3敗)

この条件ではいくつものシナリオが想定できる。カーボベルデはフィンランドと日本に勝つと32敗でグループO1位になる。仮にフィンランドに負けて日本と並ぶ23敗となった場合にも、直接対決結果により日本は上回られる。

ただしこのケースでフィンランドがベネズエラにも勝つと、23敗の三つ巴。この場合には3チーム間の得失点差も絡んでくるので、順位は最後まで決まらない(フィンランドがベネズエラに負けて13敗となる場合、日本は上記のカーボベルデとのタイブレーカーにより2位となる)。

3. ベネズエラに敗れカーボベルデに勝利(日本の通算成績=2勝3敗)

この場合にも様々なケースが想定される。カーボベルデがフィンランドに勝つとすると、日本とカーボベルデは通算成績23敗で並ぶが、日本がタイブレーカーで優位に立つ。ただし、ベネズエラが日本に続いてフィンランドに勝つとすると、日本とカーボベルデ、ベネズエラが23敗で三つ巴となる。

カーボベルデがフィンランドにも敗れる想定だと、日本のタイブレーカーの相手はフィンランド、あるいはベネズエラになる。この場合、並んだ相手がフィンランドなら直接対決結果で日本が上位。ベネズエラになった場合は日本が下位となってしまう。

4. ベネズエラとカーボベルデに連敗(日本の通算成績=1勝4敗)

これが日本にとっての最悪の想定となるが、このケースでも、フィンランドが少なくともベネズエラに敗れることを条件に、日本はグループO3位の座を確保できる。この場合はフィンランドがカーボベルデに勝つとしても1勝4敗で日本と並ぶのが精いっぱい。日本はグループEでの対戦成績(98-88で日本が勝利)により、フィンランドを上回るのだ。

ただし、フィンランドがベネズエラに勝つと、日本、フィンランド、ベネズエラが1勝4敗で三つ巴となる。

フィンランドがカーボベルデとベネズエラに勝つと、フィンランドが2勝3敗でカーボベルデと並び、フィンランドが直接対決結果でグループO1位。日本はベネズエラと並ぶが、タイブレーカーで最下位となる。

ちなみに、この場合にも他グループの動向しだいで日本がパリ行きをつかむ可能性がないわけではない。しかし、日本としては、2連勝以外でパリ行きを期待する他力本願の流れは避けたいだろう。すべて圧倒的に弱いチームなわけではない他の5チームが、それぞれの所属グループで日本と同順位以下となり、タイブレーカーで日本を上回る可能性を感じたとたんに急激に勢いを強める可能性がある。隙を見せないためにも、日本はまず31日のベネズエラ戦は絶対に落とせない。

[関連]🌺W杯バスケ公式オンラインショップ🏀

[関連]W杯バスケ 公式ガイドブック発売中❣❣



文/柴田 健(月刊バスケットボールWEB) (月刊バスケットボール)

タグ: FIBAワールドカップ2023

PICK UP

RELATED