月刊バスケットボール8月号

中学(U15)

2023.08.24

[全中2023]四日市メリノール学院が連覇達成! 倉敷市立南のディフェンスを攻略

インサイドで大活躍の#34白谷柱誠ジャック

四日市メリノール学院が連覇達成


8月24日、「第53回全国中学校バスケットボール大会」大会最終日男子決勝、ディフェンディング・チャンピオンの四日市メリノール学院(三重)と倉敷市立南(岡山)が対戦。スタートダッシュに成功すると反撃を許さなかった四日市メリノール学院が98-48で勝利。2年連続2度目の優勝を決めた。

【写真8点】倉敷市立南×四日市メリノール学院男子決勝フォトギャラリーをチェック

予選リーグでは王者・四日市メリノール学院が78-37で勝利。倉敷南にとってはリベンジを狙う決勝になった。平均身長177.3cmと倉敷南(171.3cm)を上回る四日市メリノール学院は193cm#34白谷柱誠ジャックの先取点に続いて#61本田蕗以のミドル、#11櫻井照大のバスケットカウントなど着実に得点。倉敷南は#15山本敬介が決めるが、開始1分半で四日市メリノール学院が8-2といいスタートを切る。



攻防で活躍した四日市メリノール学院#82藤原弘大


倉敷南は#23山根凛の連続3Pシュートで追い上げると徐々にディフェンスも良化。1点差まで詰めるが、ここから四日市メリノール学院の時間帯に。早い展開から#21中村颯斗、#82藤原弘大らが着実にシュートを決めていき、29-10と大きなリードを作った。
試合開始から自慢のディフェンスが機能しない倉敷南は2Q、坪井晶コーチが早々と前半2回目のタイムアウトを取る。すると#23山根の3Pシュート、#30石川大雅。#34廣田翼のミドルシュートで得点。さらに#82藤原をファウルトラブルに陥れるが、四日市メリノール学院のリズムは狂わない。43-22とリードを広げてハーフタイムを迎えた。



高い得点力を持つ倉敷市立南#30石川大雅は

後半がスタート。倉敷南はロングシュートが当たっている#23山根が4本目の3Pシュート。#34廣田も続くが、四日市メリノール学院は変わらずゴールにアタック。#23木村晄大の3Pシュート、#21中村のタップシュートなどでリードをさらに広げて74-37として4Qを迎えた。

大差を付けられた倉敷南は#34廣田がリバウンドで頑張ると、早い展開から#7宇都宮大騎が速攻で得点。そして#30石川の3Pシュートと良い形も見せるが、四日市メリノール学院のディフェンスを崩しきれない。倉敷南は#15山本がバスケットカウント、#7宇都宮がファウルをもらってフリースローと最後まで集中力を保ってプレーを見せた。それでも最後まで攻撃の手を緩めなかった四日市メリノール学院が大会連覇を果たした。

★「全中2022」の詳細レポートは、月刊バスケットボール11月号[9月25日(月)発売]に掲載予定! 全チーム選手リストも掲載!!

写真:中村麻衣子/月刊バスケットボール

PICK UP

RELATED