月刊バスケットボール7月号

中学(U15)

2023.08.24

[全中2023] 京都精華学園が決勝進出! 高さを生かして郡山市立郡山三を退ける

京都精華学園・#17谷口娃咲

京都精華学園が決勝進出!


8月24日、「第53回全国中学校バスケットボール大会」大会最終日女子準決勝で京都精華学園(京都)と郡山市立郡山三(福島)が対戦。留学生の高さを生かし、周りも効果的に得点していった京都精華学園が80-53で勝利して決勝進出を決めた。

【写真8点】京都精華学園×郡山市立郡山三フォトギャラリーをチェック

1月のJr.ウインターカップ(京都精華CLUBとして出場)で準優勝となっている京都精華学園は185cm#15ンガルラ ムクナ リヤが先取点。さらに交代で入った193cm#18オディア カウェル リッツが連続得点を挙げる。#10野田心優もフリースローを決めるなど好スタートを切る。最長身が169cmという郡山三は、留学生をケアし、オフェンスでは形をつくるものの、なかなか1本目のシュートが決まらない。しかし残り4分を切ったところで#6相樂ななみが3Pシュートを成功。さらに#5遠藤恵里佳が早い攻めから3Pプレーをマークしたが、京都精華学園は#18カウェルに加えて#5石井日菜、#7高山留里那が追加点。19-6として1Qを終えた。


2Q序盤、京都精華学園は留学生を下げたが、#7高山、#17谷口娃咲、#9長瀬萌々奈が得点してリードを広げる。なかなかシュートが決まらなかった郡山三は1年生#17難波絵愛が流れを変える。ドライブから難しいレイアップを成功させると、その後もフリースロー、3Pシュートと得点源に。ディフェンスでは京都精華学園#15リヤに対してダブルチームを仕掛けてターンオーバーを引き出すなど良いところを見せる。そして2分半を切ったところで今度は#17難波絵の姉、#10難波悠愛がディープ3Pを成功。9点差まで縮める。しかし、京都精華学園の32-19でハーフタイムを迎えた。



郡山市立郡山三は1年生#17難波絵愛が躍動

3Q、郡山三は#17難波絵、#6相樂のフリースロー、#4遠藤里夏の3Pシュートで得点。京都精華学園は#18カウェル、#4吉田ひかりのシュートと互いに得点が動く。しかし、リバウンドを支配する京都精華学園は少しずつリードを広げていくと、残り3分半に#4吉田の3Pシュートで48-26とする。郡山三は#6相樂が3Pシュート、#11佐藤亜瑚がレイアップを決めたものの、京都精華学園が55-33と点差を広げて3Qを終えた。


郡山三は再度ディフェンスを締めていくと#7古川伶音が難しいレイアップを決めると、#12佐藤理央、#6相樂、#10難波悠が3Pシュートを沈めるなど良いシーンを作る。しかし、京都精華学園のバスケは揺るがない。#18カウェルに加えて、#14大木一樺、#16田中里旺、#17谷口、#9長瀬萌々奈らも追加点を奪ってリードを広げて勝利。決勝進出を決めた。

14:20〜開始予定の決勝では接戦の末、前年女王・四日市メリノール学院(三重)を56-50で下した三股町立三股(宮崎)と対戦する。


★「全中2022」の詳細レポートは、月刊バスケットボール11月号[9月25日(月)発売]に掲載予定! 全チーム選手リストも掲載!!

写真:中村麻衣子/月刊バスケットボール

PICK UP

RELATED