月刊バスケットボール8月号

日本航空が初の日本一! ジェラマイア大車輪の活躍で東山を下す【北海道インターハイ2023】

写真/堀内涼(月刊バスケットボール)

日本航空が歓喜のインターハイ初優勝!


7月30日、北海道インターハイ2023男子決勝で関東王者・日本航空(山梨県)と近畿王者の東山(京都府)が対戦。東山の7-0というスタートになったが、日本航空は#23オルワペルミ・ジェラマイアの活躍もあって2Qに逆転。東山も後半、自慢の攻撃陣が得点していったが、日本航空が76-60で勝利してインターハイ初優勝を果たした。


「北海道インターハイ2023 特設ページはこちら

【写真10点】日本航空×東山決勝フォトギャラリーをチェック


日本航空の強みは、200cm#23ジェラマイア。平均27.0得点、29.0リバウンド、5.0ブロックとインサイドを支配し、#30大道一歩、#1藤野仁喜、#7青木王哉、#9福岡恭輔らも存在感を発揮。準決勝ではウインターカップ王者の開志国際(新潟県)を破って決勝に勝ち上がってきた。一方、東山は3年生の#4佐藤友、2年生の#5瀬川琉久、1年生の#13佐藤凪というスコアラーBIG3が最大の武器。その得点力でもって準決勝では前回覇者の福岡第一(福岡県)を下している。

まずリードしたのは東山。日本航空にミスが続く間に、#6カンダ マビカ サロモンがリバウンドから、#5瀬川がミドルジャンパー、そして#12飯田流生が3Pシュートと連続して決めて7-0というスタートになる。東山は残り7分40秒、速攻から#23ジェラマイアのダンクで先取点。その後もフィニッシュの精度に欠いていた日本航空だったが、残り3分半に#58中西哲太が技ありフローターを決めると、#30大道が3Pシュートを成功。エンジンがかかり出す。一方、東山は#13佐藤凪、#4佐藤友と得点すると、#5瀬川が3Pシュート。リードを保つ。終了間際、日本航空は#23ジェラマイアが3Pプレーを決めると東山#6サロモンのレイアップを背後から走り込んでブロック。ラストプレーでキャプテン#9福岡恭輔がロング2Pを成功。差を詰めて東山の20-14で1Qを終えた。



東山#4佐藤友

2Q、東山にミスが続く間に#23ジェラマイア、#30大道が連続得点。東山は#11伊計叶貴がPGになるとテンポがアップ。#4佐藤友、#11伊計の得点して5点リードする。残り3分半、#23ジェラマイアがトップから3Pシュートが見事に決めると、#30大道のレイアップで25-25と同点に。東山は#4佐藤友が連続失点を止めたが、日本航空は#23ジェラマイアの3Pシュート、#1藤野の速攻で逆転。終了間際、東山#13佐藤凪が3Pシュートを決めたが、日本航空が32-30としてハーフタイムを迎えた。#23ジェラマイアは15得点、13リバウンドですでにダブルダブルをマーク。しかしリバウンドでは東山が26-19でリードしている。



日本航空雨#1藤野仁喜

後半に入ると、東山は#13佐藤凪の3Pシュートで一旦逆転するが、日本航空は#1藤野、#23ジェラマイアが連続得点。一気にリードを広げようとするが、東山#4佐藤友が苦しいところで決めて差を広げさせない。しかし、残り3分23秒に#23ジェラマイアが3本目の3Pシュート。51-41とする。ここでタイムアウトを取った東山は#4佐藤友、#5瀬川が得点源となるが、日本航空は終盤、#1藤野、#7青木王哉らが決めて57-50で3Qを終えた。

追いかける東山は#5瀬川がまず決めると、シュートが決まりだして差を詰める。しかし、日本航空は#58中西、#30大道がすぐに決め返して6〜8点差をキープ。そして残り5分39秒、#23ジェラマイアが速攻からダンクを決めて65-55とこの試合初めて2桁リードを作る。

残り4分21秒、東山#6サロモンが5ファウルで退場に。嫌な雰囲気となるが、#4佐藤友がミドルジャンパーを決めてチームを鼓舞する。まずは1桁差にしたいが、シュートはリングに弾かれてしまう。それでもバックコート・バイオレーションを奪うなど、ディフェンスでも集中。残り1分半強で3Pシュートを決めて1桁差にしたが、日本航空もすぐに2桁差に戻す。最後まで必死なプレーを見せたが、日本航空が逃げ切り。インターハイ初優勝を決めた。

日本航空は大活躍だった#23ジェラマイアは、両チームトップの30得点(3Pシュート3本成功)、さらに21リバウンド、5スティール、5ブロックをマーク。#30大道が17得点、#1藤野が10得点と3人が2桁得点を記録。東山は#4佐藤友が18得点、#5瀬川が17得点、#13佐藤凪が11得点、#6サロモンが10得点と4人が2桁得点をあげた。リバウンドでは53-38とリードした東山だったが、2Pシュートは54本中22本(40.7%)という数字に。日本航空は2Pシュートで46本中25本(54.3%)と活率よく決めた、




 [注目チーム・注目選手、出場選手名鑑掲載!]
\インターハイ特集/月バス9月号ご購入こちらから
https://shop.nbp.ne.jp/shopdetail/000000002252/

写真/堀内涼(月刊バスケットボール)

タグ: 北海道インターハイ2023

PICK UP

RELATED