月刊バスケットボール5月号

女子日本代表、本日14時から6連覇をかけて決勝で中国と対戦 [女子アジア杯2023]

6連覇をかけて決勝で中国と対戦!


7月2日、「FIBA女子アジアカップ2023」大会最終日、女子日本代表AKATSUKI JAPAN(FIBAランク9位)は6連覇がかかる決勝(日本時間14時ティップオフ)で中国(同2位)と対戦する。中国との同大会決勝3大会連続となる。

【動画】日本&中国の準決勝ハイライトを見る

7月1日、中国は準決勝で開催国オーストラリアと対戦。35-32とわずかにリードしてハーフタイムを迎えると、3Qで18-11としてその差を広げる。4Qでも主導権は渡さず。74-60で勝利した。中国は205cmとサイズがあり、WNBAニューヨーク・リバティでも活躍するシュー・ハンが17得点、15リバウンドと活躍。今大会では21得点、12.3リバウンドとダブルダブルのアベレージをマークしており、チームトップとなる7本(試投数12/58.3%)の3Pシュートも決めている。また、ドライブ、3Pシュートと多彩さを見せるSGメン・リー、スピードある司令塔ユアン・リーも警戒すべきプレイヤーである。

日本と中国の決勝は3大会連続。2021年大会は78-73、2019年大会は71-68でいずれも日本が勝利している。





205cmとサイズがある中国の#15シュー・ハン



文/広瀬俊夫(月刊バスケットボールWEB)

タグ: 女子日本代表

PICK UP

RELATED