月刊バスケットボール5月号

山本麻衣は“大ブレイクの可能性”とFIBAが紹介、日本は本日18時半豪州に挑む[女子アジア杯2023]

FIBAが山本麻衣をピックアップして紹介


大会6連覇を目指して「FIBA女子アジアカップ2023」(6月26日〜7月2日、オーストラリア・シドニー)に挑んでいる女子日本代表AKATSUKI JAPAN(FIBAランク9位)。本日日本時間18時半から行われるオーストラリア(同3位)戦を前にFIBAがオフィシャルサイトで“大ブレイクの可能性”として紹介したのが、司令塔の#23山本麻衣である。

【写真11点】女子日本代表A・山本麻衣フォトギャラリーをチェック

グループステージ初戦のチャイニーズ・タイペイ(同33位)戦に94-53、続くフィリピン(42位)に95-57。渡豪前、恩塚亨HCが語っていた「オフェンスは軽やかにしつこく、ディフェンスはうるさくしつこく」というテーマを女子日本代表はうまく表現して連勝といい出だしを切っている。

その2試合共にスターターとして出場し、12.0得点、4.5アシストのアベレージをマークしているのが#23山本だ。FIBAはまず「アンダーカテゴリーの代表でも多くの人の目に止まった山本は、東京オリンピックでは3x3代表としてプレー。その数ヵ月後にはヨルダンで開催されたFIBA女子アジアカップでは5連覇に貢献した」と紹介。

前回大会について“一番の思い出は、若いチームだったこと”と語ったという山本は、「(昨年の)ワールドカップは、本当に残念な時間でした。ただ、私たちにとっては挑戦したことは、プラスになりました。同時にそこから学び、今大会に生かすことができています」と昨年の悔しさが今大会に繋がっていると語ったという。

また「オリンピックのホスト国というプレッシャーに対処するためには努力が必要でしたが、素晴らしい瞬間でもありました。3x3は、基本に忠実なバスケットボールのようなもの。そこが素晴らしいところだと思う」というコメントを引用し、彼女はシドニーでサプライズとなっているのは基本に忠実だからで、スピード、パス、シュート、リーダーシップとすべての資質を備えていると綴っている。

本日現地19時半(日本時間同日18時半)ティップオフで行われるグループステージ最終戦の相手は、開催国オーストラリア。もし勝利すれば、ベスト4以上が確定し、オリンピック世界最終予選出場権(2024年2月)を獲得することになる重要な一戦となる。昨年の女子ワールドカップではオーストラリアに54-71で悔しい敗戦を喫した。しかし、#23山本は「そこから学び、今大会に生かすことができています」と語っている。6連覇に向けての最初の山となるオーストラリア戦に借りを返すチャンス到来。日本の勝利を祈りたい。


FIBA女子アジアカップ2023

開催期間:2023年6月26日(月)~7月2日(日)
開催地:オーストラリア(シドニー)
大会公式サイト:https://www.fiba.basketball/womensasiacup/2023
組み合わせ(FIBAランク):
[グループA]中国(2位)、韓国(12位)、ニュージーランド(29位)、レバノン(44位)
[グループB] オーストラリア(3位)、日本(9位)、チャイニーズ・タイペイ(33位)、フィリピン(42位)

グループB日本戦予定:
現地6月26日(月)17時(日本時間同日16時)/○94-53×チャイニーズ・タイペイ
現地6月27日(火)13時半(日本時間同日12時半)/○95-57×フィリピン
現地6月28日(水)19時半(日本時間同日18時半)/vs.オーストラリア
現地6月30日以降決勝トーナメント

文/広瀬俊夫(月刊バスケットボールWEB)

タグ: 女子日本代表 山本麻衣

PICK UP

RELATED