月刊バスケットボール7月号

女子日本代表、3Q3Pシュート8本成功と爆発し、デンマークに連勝

写真/石塚康隆(月刊バスケットボール)

女子日本代表がデンマークに連勝


6月17日「三井不動産カップ2023 (高崎大会)」2日目、女子日本代表AKATSUKI JAPAN(FIBAランク9位)はデンマーク代表(同52位)と対戦。昨日とガラリと違う積極性を見せた相手に前半苦戦したが、87-63で連勝。オンコートインタビューで恩塚亨ヘッドコーチは「昨日悔しい負け方をして、タフな戦いをしてくる。その挑戦に対して戦わなければならなかったが、後半ディフェンスからチャンスをつかんだ」とコメント。#23山本は「後半修正できたので良かったかなと思います」と、#3馬瓜ステファニーは「今日は積極的にリングにアタックした」と語っている。

【表】第2戦ボックススコア&女子日本代表三井不動産カップメンバーをチェック


1試合目、バックコートからプレッシャーをかけて27ターンオーバーを引き出し、101-39で大勝した日本。恩塚亨ヘッドコーチは「強化という面では順調に成長して来ていると思う」と手応えを語ったうえで、ピック&ロール時のボールマンへのサポート、ビッグマンのボールプッシュなど課題を語った。この3試合では、結果よりも内容、質を高めることが何より重要。だからこそ、チーム最年長の#8髙田真希はミックスゾーンで「後半、中だるみが出ていた。今は結果より中身が大事。40分間やるべきことをやりとおすことが自分たちはできなかった。残り2試合、内容にこだわってやり通したい」とコメント。またファンに向けて「全員がタフにディフェンスをやってミスを誘ってブレークにつなげる。前からしっかりディフェンスをやっているなというところを見てほしい」と語っている。

日本は昨日同様に#3馬瓜、#8髙田真希、#23山本、#27林咲希、#88赤穂ひまわりというスターターで試合開始。
先取点はデンマーク。ファーストオフェンスで#5ソフィー・トリゲッソンが3Pシュートを成功。さらに#8アナ・サイロンも3Pシュートを決めるなど、良いスタートを切る。

一方、日本は#27林からのアシストで#23山本が3Pシュートを成功。#23山本は直後にもう1本決める。昨日以上にフィジカルなディフェンスを仕掛けてくるデンマークだが、日本は平然とプレー。オープンになった#8髙田が右ウイングから3Pシュートを決めると、#3馬瓜がフリースローを着実に決めるなど淡々と得点を重ねる。

一方、昨日に比べて攻防で積極的なプレーが目立つデンマークは、#10マリア・イェスパーソンが早い展開から決めるなどで日本と競っていく。日本は#59星杏璃がドライブからレイアップを決めると、#99オコエ桃仁花、#3馬瓜も続く。しかし武器である3Pシュートの確率が悪い。逆にデンマークは#9エナ・ヴァイソ、#4フリダ・フォーマン、#13ローラ・シーガの3Pシュートが決めて逆転。日本の17-21とビハインドで1Qを終えた。

2Q日本は#32宮崎早織、#15本橋菜子のツーガードでスタート。再びディフェンス強度が上げて攻撃を凌ぐと、#15本橋の3Pシュート、#8髙田のフリースローで22-21と逆転する。しかし、デンマークは#2エミリー・グンマッド、#10イェスパーソンがシュートを決めると、インサイドに入れてサイズを生かして得点し、28-24とリード。流れを変えたい日本は、セカンドチャンスから#8髙田のリバースレイアップ、#23山本の3ポイントプレーと苦しみながらも得点。残り3分13分、#88赤穂のフリースローで30-30と一旦追いつくが、デンマークは#13シーガが3Pシュート、さらにミスマッチを突いて得点して5点差に。日本は#23山本、#27林の3Pシュート、#32宮崎のフリースローで38-39としてハーフタイムを迎えた。

3Q序盤、日本の足が動き出すと#27林、#88赤穂、#3馬瓜と3Pシュート3連発。残り7分8秒で47-43とする。好守から#3馬瓜のターンアラウンド、#23山本の3Pシュートと続くと、残り3分35秒、#3馬瓜が4ポイントプレイ。56-43とこの試合初の2桁リードを作る。その後、#27林、#8髙田も3Pシュートを沈めて68-46として3Qを終えた。このQ、日本は3Pシュートを11本中8本決めている。

4Qに入っても日本の流れをがっちりキープ。ディフェンスではタフショットを強いて、オフェンスではリズムよくシュートを放ち、リバウンドからセカンドチャンスも作る。#27林、#23山本、#99オコエの3Pシュート、#3馬瓜の3ポイントなど着実に追加点を奪っていって87-63。前半はタフな展開となったものの、後半立て直して勝利した。

日本は#3馬瓜、#23山本、#27林がトップの18得点でチームトップ。#8髙田も10得点で4人が2桁得点をマークした。#23山本、#27林は共に3Pシュートを5本成功させている(チームとしては45本中17本成功、成功率37.8%)

3日連続で行われるデンマークとの強化試合、明日の第3戦は、15時ティップオフとなる。



三井不動産カップ2023 (高崎大会)
バスケットボール女子日本代表国際強化試合
会場:高崎アリーナ(群馬県高崎市下和田町4-1-18)
対戦:AKATSUKI JAPAN女子日本代表vs.女子デンマーク代表
日程(予定):
第1戦 2023年6月16日(金)18:00日本101-39デンマーク 
第2戦 2023年6月17日(土)15:00ティップオフ予定
第3戦 2023年6月18日 (日)15:00ティップオフ予定
大会公式ページ:https://akatsukijapan-women-2023-takasaki.japanbasketball.jp/

FIBA女子アジアカップ2023
開催期間:2023年6月26日(月)~7月2日(日)
開催地:オーストラリア(シドニー)
大会公式サイト:https://www.fiba.basketball/womensasiacup/2023
組み合わせ(FIBAランク):
[グループA]中国(2位)、韓国(12位)、ニュージーランド(29位)、レバノン(44位)
[グループB] オーストラリア(3位)、日本(9位)、チャイニーズ・タイペイ(33位)、フィリピン(42位)

グループB日本戦予定:
現地6月26日(月)17時(日本時間同日16時)/vs.チャイニーズ・タイペイ
現地6月27日(火)13時半(日本時間同日12時半)/vs.フィリピン
現地6月28日(水)19時半(日本時間同日18時半)/vs.オーストラリア



文/広瀬俊夫(月刊バスケットボールWEB)

PICK UP

RELATED