月刊バスケットボール5月号

女子日本代表が100点ゲームで完勝、林、本橋、オコエら2桁得点6人でデンマークを圧倒

写真/石塚康隆(月刊バスケットボール)

試合開始から圧倒して勝利した女子日本代表


6月16日、女子日本代表AKATSUKI JAPAN(FIBAランク9位)は三井不動産カップ2023 (高崎大会)でデンマーク代表(同52位)と対戦。試合開始からビッグランを作るなど、攻防で終始相手を圧倒し、101-39で勝利。オンコート・インタビューで恩塚亨ヘッドコーチは「強化という面では順調に成長して来ているんじゃないかなと思います」と語ると、キャプテンの#27林 咲希は「足をとめないことが大事な部分。相手がフィジカルなプレーで来ても、つなげる人がいると信じてボールを回した」と語った。

【写真15点】6/16日本代表×デンマーク代表フォトギャラリーをチェック

今年最大の目標は「FIBA女子アジアカップ2023」(6月26日〜7月2日、オーストラリア・キーセンター)でベスト4に与えられるオリンピック世界最終予選出場権(2024年2月)の奪取、そして大会6連覇。デンマーク代表について、恩塚ヘッドコーチは“(アジア杯で対戦する強豪)オーストラリア(同3位)を想定できる価値ある相手”だと語っている。

日本は#3馬瓜ステファニー、#8髙田真希、#23山本麻衣、#27林、#88赤穂ひまわりというスターターで試合開始。最初は互いにシュートが決まらなかったが、残り7分30秒、#88赤穂が右コーナーから切れ込んで初得点。ディフェンスでは開始から、インサイドに簡単にボールを入れさせず。度々スティールも生まれて攻撃に転じると#23山本、途中出場の#31平下愛佳、#8髙田の得点につなげる。そして残り5分47秒、#3馬瓜のフリースローで10-0とする。

その後、日本は#23山本、#15本橋菜子、#99オコエ桃仁花、#27林とオープンとなった選手が躊躇なく3Pシュートを決めて点差を広げる。許したシュートはフリースロー、2Pシュート、3Pシュート各1本のみ。最後は、#99オコエがブザービーター3Pシュートを決めて32-6として1Qを終えた。

2Q、デンマークは#5ソフィー トリゲッソンが3Pシュートを成功。パスを回してチャンスを伺っていくが、日本は変わらずプレッシャーをかけて攻撃の芽を摘んでいく。日本は#32宮崎のパス回しから得点を重ねていくと、#15本橋がペリメーターからのシュートに3Pシュート、さらに速攻からレイアップと連続得点。残り5分16秒、#59星のフリースロー2本で早くも50点目(-14)を奪う。クォーター終盤、日本はバックコートからプレスをかけてターンオーバーを引き出す。結局、59-21としてハーフタイムを迎えた。

3Qに入っても集中力をキープする日本は、プレッシャーをかけつづけて満足に攻めさせず。オフェンスでは#59星、#23山本らのドライブに合わせてみんなで動いてオプションを作ったかと思えば、早い展開から3Pシュートを沈めるなど相手に的を絞らせず。84-30で4Qを迎えた。

4Qに入り、デンマークはよりフィジカルなゲームを展開。3Qまでにはないいいプレイも見せて得点するが、日本は一貫してプレッシャーをかけてミスを引き出していく。終了間際、日本は#23山本がドライブからレイアップを決めて得点を3桁に。101-39で勝利した。日本は3Pシュート5本を決めた#15本橋が17得点でトップ。#31平下が15得点、#27林が12得点、#59星が11得点、#99オコエ、#23山本が10点と6人が2桁得点をマーク。デンマークのFG成功率を25%に抑え込んでいる。

3日連続で行われるデンマークとの強化試合、明日の第2戦は、15時ティップオフとなる。



三井不動産カップ2023 (高崎大会)
バスケットボール女子日本代表国際強化試合
会場:高崎アリーナ(群馬県高崎市下和田町4-1-18)
対戦:AKATSUKI JAPAN女子日本代表vs.女子デンマーク代表
日程(予定):
第1戦 2023年6月16日(金)18:00ティップオフ予定
第2戦 2023年6月17日(土)15:00ティップオフ予定
第3戦 2023年6月18日 (日)15:00ティップオフ予定
大会公式ページ:https://akatsukijapan-women-2023-takasaki.japanbasketball.jp/

FIBA女子アジアカップ2023
開催期間:2023年6月26日(月)~7月2日(日)
開催地:オーストラリア(シドニー)
大会公式サイト:https://www.fiba.basketball/womensasiacup/2023
組み合わせ(FIBAランク):
[グループA]中国(2位)、韓国(12位)、ニュージーランド(29位)、レバノン(44位)
[グループB] オーストラリア(3位)、日本(9位)、チャイニーズ・タイペイ(33位)、フィリピン(42位)

グループB日本戦予定:
現地6月26日(月)17時(日本時間同日16時)/vs.チャイニーズ・タイペイ
現地6月27日(火)13時半(日本時間同日12時半)/vs.フィリピン
現地6月28日(水)19時半(日本時間同日18時半)/vs.オーストラリア


文/広瀬俊夫(月刊バスケットボールWEB)

PICK UP

RELATED