月刊バスケットボール5月号

女子日本代表がアジア杯&三井不動産カップ用登録選手を発表、町田瑠唯は故障でアジア杯欠場

第1回強化合宿時の写真

女子日本代表がアジア杯&三井不動産カップ用登録選手を発表


6月9日、公益財団法人日本バスケットボール協会は女子日本代表チームのFIBA女子アジアカップ2023用メンバー12選手、来週開催の三井不動産カップ2023(高崎大会)用メンバー13選手を発表した。またカナダ遠征メンバーに漏れていた町田瑠唯(富士通)については代表合宿中のケガにより長期加療が必要になったため、いずれも欠場になるとしている。

【表】女子日本代表がアジア杯&三井不動産カップ用登録選手を見る

今年最大の目標は「FIBA女子アジアカップ2023」(6月26日〜7月2日、オーストラリア・キーセンター)でベスト4に与えられるオリンピック世界最終予選出場権(2024年2月)、そして大会6連覇となる。そのために、5月11日の強化活動方針発表会見で恩塚HCは、「40分間 世界一のアジリティを発揮し抜くこと」を目標にすると発表。FIBA女子ワールドカップで得られた課題の克服と日本の強みをさらに強化するために、「ポジショニング力:体格差の克服」、「日本の強み封じへの対応:3つの強化システム」(ペイントアタックの質を改善システム、3Pシュート・チャンスを生み出すシステム、プレーを壊しにくるディフェンスを超えるシステム)、「カオスを制する戦い」と3つのポイントを掲げた。

新たなシステムについては、すでに選手たちに“インストール済み”。第2次強化合宿では、「それを有意識でやるのではなく、無意識でやっていけるようにしようという段階です。プラス、闘争のスポーツであるバスケで激しい戦いがある中でインストールしたものを出せるか。選手たちには戦うというところを強く求め、トレーニングを積んできました」と恩塚HCは語っている。そして女子代表チームは、第2次強化合宿後、5月30日〜6月7日までカナダ遠征を実施。現地で行ったカナダ女子代表とのエキジビションゲームは60-80という結果になっている。

今回発表になった2つのメンバーは、カナダ遠征メンバーから、川井麻衣(トヨタ自動車)、渡嘉敷来夢(ENEOSから自由契約公示中)、野口さくら(アイシン)がリストから外れた。またカナダ遠征に入らなかった薮未奈海(デンソー)だが、三井不動産カップ2023(高崎大会)のロスターに入っている。これは国際大会の経験蓄積を見越して出場させるためだと説明している。

チームは第3次強化合宿を経て「三井不動産カップ2023(高崎大会)」(6月16日〜18日)でデンマーク代表と3試合を実施。6月26日から「FIBA女子アジアカップ2023」に臨む。まずは“仮想オーストラリア”となる来週のデンマーク代表戦に注目である。


三井不動産カップ2023 (高崎大会)
バスケットボール女子日本代表国際強化試合
会場:高崎アリーナ(群馬県高崎市下和田町4-1-18)
対戦:AKATSUKI JAPAN女子日本代表vs.女子デンマーク代表
日程(予定):
第1戦 2023年6月16日(金)18:00ティップオフ予定
第2戦 2023年6月17日(土)15:00ティップオフ予定
第3戦 2023年6月18日 (日)15:00ティップオフ予定
大会公式ページ:https://akatsukijapan-women-2023-takasaki.japanbasketball.jp/

FIBA女子アジアカップ2023
開催期間:2023年6月26日(月)~7月2日(日)
開催地:オーストラリア(シドニー)
大会公式サイト:https://www.fiba.basketball/womensasiacup/2023
組み合わせ(FIBAランク):
[グループA]中国(2位)、韓国(12位)、ニュージーランド(29位)、レバノン(44位)
[グループB] オーストラリア(3位)、日本(9位)、チャイニーズ・タイペイ(33位)、フィリピン(42位)

グループB日本戦予定:
現地6月26日(月)17時(日本時間同日16時)/vs.チャイニーズ・タイペイ
現地6月27日(火)13時半(日本時間同日12時半)/vs.フィリピン
現地6月28日(水)19時半(日本時間同日18時半)/vs.オーストラリア


文/広瀬俊夫(月刊バスケットボールWEB)

タグ: 女子日本代表

PICK UP

RELATED