月刊バスケットボール24年3月号

U19W杯出場の男子日本代表12名を発表、米在住ルドルフがサプライズのロスター入り

大会に向けたU19日本代表チーム12名を発表


6月5日、公益財団法人日本バスケットボール協会は6月24日~7月2日にハンガリー・デブレツェンで開催される「FIBAU19ワールドカップ2023」に出場する” AKATSUKI JAPAN”男子U19日本代表チーム12名およびスタッフを発表した。

【表】男子U19日本代表チーム「FIBA U19ワールドカップ2023」メンバー&スタッフをチェック

昨夏イランで開催された「U18アジア選手権」、日本代表はグループステージを1位で通過すると、決勝トーナメントでチャイニーズ・タイペイ、レバノンを倒して決勝に進出。決勝では韓国に73-77と4点差で敗れたものの、「U19ワールドカップ」への出場権を手にした。本日発表になったのは、先月行われた第2次強化合宿に呼ばれたメンバーが中心。興味深いのは轟 琉維(東海大1年)に代わってロスターに入ったアメリカ在住の17歳、ロロ・ルドルフ(米セント・オーガスティン高)の選出だ。

ルドルフは本日までアラブ首長国・アブダビで開催中の「第13回バスケットボール・ウィズアウト・ボーダーズ・アジア」(NBAとFIBAによるグローバルなバスケットボール育成およびコミュニティ支援プログラム)に参加している。登録上、身長188cmでポジションはPG、SG双方ができるコンボガードとなっているが、どんなプレイを見せてくれるのか楽しみである。

今後、チームは6月14日~16日に第3次強化合宿を実施。16日からのスペイン合宿を経て開催地のハンガリーへ入る予定。「U19ワールドカップ」で日本(FIBAボーイズ・ランク31位)はグループステージで、6月24日にブラジル(同12位)と、6月25日にエジプト(同16位)と、6月27日にセルビア(同6位)と対戦する。

先日、FIBAは同大会に出場する日本代表をピックアップ。・特に川島悠翔、ジェイコブス晶(共にNBAグローバルアカデミー)、岡田大河(セントロ バスケット マドリード)の名前をあげて注目すべきだと紹介している。8月25日には「FIBAワールドカップ2023」が開幕となり、徐々に盛り上がりつつあるが、その前にアンダーカテゴリーで好結果を出すことができるか。若き代表の健闘に期待したい。

「FIBA U19バスケットボールワールドカップ2023」概要

開催期間:2023年6月24日(土)~7月2日(日)
開催地:ハンガリー・デブレツェン

■組み合わせ
【グループA】カナダ、フランス、中国、スペイン
【グループB】レバノン、アメリカ合衆国、マダガスカル、スロベニア
【グループC】セルビア、日本、ブラジル、エジプト
【グループD】アルゼンチン、韓国、ハンガリー、トルコ

■スケジュール(予定)
6月24日(土) 日本vs.ブラジル
6月25日(日) エジプトvs.日本
6月27日(火) セルビアvs.日本
6月28日(水) ラウンドオブ16
6月30日(金) クォーターファイナル・順位決定戦
7月1日(土) セミファイナル・順位決定戦
7月2日(日) ファイナル・順位決定戦

■競技方式
・各グループにて1回戦総当たりを行い、グループ毎の順位を決定
・グループAとBの1位-4位、2位-3位…の要領でたすき掛けのベスト8決定戦を行う。(グループCとDも同様に行う)
・ベスト8進出チームにより決勝トーナメント(準々決勝~決勝)、ベスト8決定戦の敗戦チームは順位決定戦を行う。



文/広瀬俊夫(月刊バスケットボールWEB)

タグ: FIBA U19 WorldCup FIBA U19ワールドカップ2023

PICK UP

RELATED