月刊バスケットボール8月号

7/16さいたま新都心で小学生3on3大会、出場チームを募集中

特設コートで小学生3on3大会を開催


東京2020夏季オリンピックバスケットボール競技の舞台になったさいたまスーパーアリーナ。そのアリーナ近くにあるけやき広場に特設コートを作り、小学生プレイヤーのための大会「第1回全日本小学生3on3バスケットボール選抜大会inさいたま新都心」が7月16日に開催。その出場チームを募集中だ。

大会のきっかけは、「さいたまバ スケットボールレガシー2020プロジェクト」にある。これはオリンピックの周知・盛り上げのために立ち上げたプロジェクトで開催後は、“レガシー”を残していくことを目的に年4回、3on3大会やレッスンなど行ってきている。その一環として今回、3on3大会を開催する運びとなった。バスケットボールの競技力・技術力向上という狙いに加えて、コロナで十分な練習、試合ができなかった小学生プレイヤーの夏の思い出作り、全国の友達作りといった願いも込められている大会である。

開催となるのは7月16日(日)。募集チームは男女各6チームとなっている。その他は以下詳細のとおり。大会開催時には、ワールドカップアジア予選では日本代表に選出され、今季、NCAA1部のネブラスカ大で活躍した富永啓生選手の父親で元日本代表の富永啓之氏がスペシャルゲストとして参加予定だという。

「SBL2020CUP 第1回全日本小学生3on3バスケットボール選抜大会inさいたま新都心」

開催日:2023年7月16日(日) 
会場:さいたまスーパーアリーナ けやきひろば 特設コート(埼玉県さいたま市中央区新都心10番地)
主催:さいたまバスケットボールレガシー2020プロジェクト
主管:全日本小学生3on3バスケットボール選抜大会 実行委員会
募集チーム数:男子6チーム/女子6チーム
募集期間: 6月18日まで(選考会:6月19日、翌20日出場チーム発表)
参加チーム申込資格:(1)チーム編成はコーチ1名、選手4名 (2)申し込みは自薦のみ (3)「都道府県代表」制ではなく「市町村代表」制とし、「おらが街自慢」を専用原稿用紙1枚(400字詰原稿用紙1枚)にまとめ、参加申し込み書を添えて提出(計2枚) (4)住居地が同じ市町村の選手が3名以上在籍が必須
選手資格:次の条件を満たす選手及び主催者が認めた選手 (1)ミニバスチームかバスケットボールスクールの所属選手 (2)2023年度が小学5年生及び6年生の選手 (3)バスケットボール歴1年以上の選手 
参加費:1チーム8,000円 ※会場までの渡航費は各チーム負担 
競技規則:「SBL2020CUP オリジナルルール」による
競技方法:予選リーグ及び決勝トーナメント方式
参加チーム申込先/お問い合わせ先:大会実行委員会 事務局 : バスケットボールレンタルコート ディーナゲッツ愛知 内 担当 : 櫻井康貴 TEL:0586-71-0004 (平日・休日15:00.20:00) / E-Mail : sbl2020@d-nuggets.com

第1回 SBL2020 CUP スペシャルゲストの富永啓之氏(写真左)

第1回 SBL2020 CUP スペシャルゲストの富永啓之氏(写真左)



文/広瀬俊夫(月刊バスケットボールWEB)

PICK UP

RELATED