月刊バスケットボール5月号

W杯対戦相手紹介「前回大会4位“オセアニアの雄”オーストラリア」[8月29日(火)に対戦]

ネッツでプレーするパティ・ミルズ

東京2020では銅メダル、NBA選手も数多く有する豪州

■FIBAワールドカップ2023ロスター
■FIBAワールドカップ2023 アジア地区予選
■FIBAワールドカップ過去の結果
■「FIBA ワールドカップ2023」オーストラリア代表候補メンバー


ファーストラウンド最終日の8月29日(火)に対戦するのが、FIBAランク3位”ブーマーズ”ことオーストラリアだ。東京2020オリンピックでは銅メダル、昨年のアジアカップで優勝とアジア/オセアニア最強のチームである。

ワールドカップ出場は今回で13回目。最高成績は前回大会の4位となっている。今大会の予選では敵地でのイラン戦を棄権して1敗したが、ほかは全勝となって11勝1敗。グループF1位通過でワールドカップ出場権を獲得している。その予選は、国内リーグの選手が中心となり、ニック・ケイ(島根)、リース・ヴァーグ(香川)とBリーグ在籍選手も加わっての戦いとなった。

ワールドカップでは、東京2020オリンピック同様にNBA選手を招へいしての戦いとなるはず。6人のNBA選手をロスターに入れた東京2020大会では、見事銅メダル獲得している。この時、チームを引っ張ったのは渡邊雄太のチームメイトであるパティ・ミルズ(ネッツ)。平均23.3得点、6.3アシストでチーム1位の数字を残している。ネッツといえば、3度オールスターに選出されているベン・シモンズもいるほか、ジョッシュ・ギディー(サンダー)、ジョッシュ・グリーン(マーベリックス)、ジャック・ホワイト(ナゲッツ)、ジョー・イングルス(バックス)、ダイソン・ダニエルズ(ペリカンズ)、マシュー・デラベドバ(キングス)など多くのNBA選手がいるだけに、誰がチームに加わるのかは注目である。


抽選会後、オーストラリア協会を通してライアン・ゴアジャンヘッドコーチは、「どこでどのチームと対戦するかが決まり、より現実味を増してきた。日本での日本戦はタフな試合になるだろう。オリンピックでのドイツ戦はタフな試合だったし、フィンランドも強い勝ち方で予選を通過した。本当にチャレンジングな大会になると思う。いずれにせよ素晴らしい大会になることは間違いない。私は沖縄に行ったばかりですが、素晴らしいスタジアムだった。それに日本人はバスケが大好きなんだ」とコメントを発表している。

日本がオーストラリア代表に最後に勝利したのは前回大会のアジア地区予選(2018年6月29日)。拮抗した展開となった試合は、4Q残り21秒に篠山竜青(東芝)がリバウンドから持ち込んでレイアップを決めて77-74と3点差にすると、さらに残り15秒に速攻から八村がダンクを決めて79-74。最後に反撃を受けたものの、79-78と辛くも1点差で勝利した。この試合では、ニック・ファジーカス(川崎)が25得点、12リバウンドのダブルダブル、八村塁(レイカーズ、当時ゴンザガ大)が24得点、7アシストをマークしている。

日本がファーストラウンドで戦う3ヵ国では最もランキングの高いオーストラリアだが、ぜひとも地元で勝利をもぎ取ってセカンドラウンドに進出したいものである。



予選でチームを率いたコーチの一人、ブライアン・ゴアジャン氏


■FIBAワールドカップ2023ロスター

プレイヤー チームP身長(cm)生年月日(年齢)
ゼイビア・クックス ウィザーズF2031995/8/19(28)
ダイソン・ダニエルズ ペリカンズG2012003/3/17(20)
ダンテ・エグザム マーベリックスG1981995/7/13(28)
ジョッシュ・ギディー サンダーG2032002/10/10(20)
クリス・ゴールディング パリSG1921998/10/24(24)
ジョッシュ・グリーン マーベリックスG1962000/11/16(22)
ジョー・イングルス バックスG/F2041987/10/2(35)
ニック・ケイ 島根F2061992/8/3(31)
パティ・ミルズ ホークスG1831998/7/11(25)
デュオプ・リース ベイルートC2111996/6/26(27)
マティース・サイブル ブレイザーズG/F1961997/3/4(26)
ジャック・ホワイト ナゲッツF2011997/8/5(26)





FIBAワールドカップ2023 アジア地区予選

試合日 対戦相手結果
2022.2.25 チャイニーズ・タイペイ○98-61
2022.2.27 日本○80-64
2022.2.28 チャイニーズ・タイペイ○90-71
2022.6.30 中国○76-69
2022.7.1 日本○98-52
2022.7.3 中国○71-48
2022.8.25 バーレーン○104-50
2022.8.29 イラン○98-68
2022.11.11 カザフスタン○97-50
2022.11.14 イラン●0-20(棄権)
2023.2.23 バーレーン○83-51
2023.2.26 カザフスタン○98-53
▶グループF1位通過でワールドカップ出場権を獲得


FIBAワールドカップ過去の結果

開催年 開催地結果
 1970 ユーゴスラビア12位17
 1974 プエルトリコ12位26
 1978 フィリピン7位37
 1982 コロンビア5位45
 1986 スペイン17位23
 1990 アルゼンチン7位44
 1994 カナダ5位53
 1998 ギリシャ9位56
 2002 アメリカ※予選敗退
 2006 日本13位24
 2010 トルコ10位33
 2014 スペイン12位33
 2019 中国4位62
※2010年大会までの名称は世界選手権


「FIBA ワールドカップ2023」オーストラリア代表候補メンバー

プレイヤー チーム身長(cm)東京2020出場
ゼイビア・クックス ワシントン・ウィザーズ203
ダイソン・ダニエルズ ニューオーリンズ・ペリカンズ201
マシュー・デラベドバ サクラメント・キングス191
ダンテ・エグザム パルチザン・ベオグラード193
サムソン・フローリング イラワラ・ホークス213
ジョッシュ・ギディー オクラホマシティー・サンダー203
クリス・ゴールディング メルボルン・ユナイテッド192
ジョッシュ・グリーン ダラス・マーベリックス192
ジョー・イングルス ミルウォーキー・バックス204
ニック・ケイ 島根スサノオマジック206
ジョック・ランデール フェニックス・サンズ 211
ソン・メイカー 福建省スタージャンズ213
ウィル・マクダウェル・ホワイト ニュージーランド・ブレイカーズ216
パティ・ミルズ ブルックリン・ネッツ183
キアヌ・ピンダー パース・ワイルドキャッツ203
デュオプ・リース アルリヤディ・クラブ・ベイルート211
マティース・サイブル ポートランド・トレイルブレイザーズ196
ジャック・ホワイト デンバー・ナゲッツ201
201.8



2022/7/1ハイライト動画







文/広瀬俊夫(月刊バスケットボールWEB)

タグ: オーストラリア代表 FIBAバスケットボールワールドカップ2023

PICK UP

RELATED