月刊バスケットボール5月号

Wリーグ

2023.04.21

Wリーグがシャンソン化粧品の報道を受けて2次調査を進める予定と発表

「2次調査を進める予定」とリーグが発表


4月20日、Wリーグは調査チームがシャンソン化粧品を退団した7選手の1次調査を実施し、2次調査を進める予定だと発表した。チームは2月にヘッドコーチと7選手の退団および鵜澤潤アソシエイトヘッドコーチのヘッドコーチ就任を発表している。

【SNS】退団者一同代表として藤岡麻菜美が発信した投稿を見る

リリースの中で、Wリーグは4月11日の日刊スポーツ紙における報道、チームからの発表について「ファンの皆様にはご心配をおかけしておりますこと、心よりお詫び申し上げます」とまず謝罪。

そして「本件につきまして当リーグは、シーズン中における同一チームからの複数名の退団という事態を受け、当リーグのコンプアライアンス委員会のメンバー(弁護士)からなる調査チームを編成し、3月より1次調査として、退団選手7名からのヒアリング調査等を行ってまいりました。退団選手7名からのヒアリング調査等は既に終了しておりますが、1次調査を実施した調査チームより、他の関係者を対象とした2次調査を要するとの報告を受けております。これを受け、当リーグといたしましては、シャンソン化粧品シャンソンVマジックその他関係者に協力を要請し、2次調査を進める予定です。なお、調査完了時期につきましては、今後のヒアリング実施状況等にもよるため、未定となっております。ファンの皆様には引き続きご心配をおかけし重ねてお詫びを申し上げますとともに、何卒ご理解いただけますようお願い申し上げます」と1次調査を終え、シャンソン化粧品その他関係者に協力を要請し、2次調査を進める予定だと説明した。

シャンソン化粧品については、2月22日にホームページで、李 玉慈ヘッドコーチ、7選手の退団および鵜澤潤アソシエイトヘッドコーチのヘッドコーチ就任を発表。その後、4月11日に大量退団選手の一部がパワーハラスメント被害を主張していたと報道があったが、チームはホームページで同日「事実とその背景において異なる点がある」と否定した。そして昨日、退団者一同代表として藤岡麻菜美がSNSを通じて「調査の結果を待ちたいと考えとります」とメッセージが発表している。



文/広瀬俊夫(月刊バスケットボールWEB)

タグ: Wリーグ

PICK UP

RELATED