月刊バスケットボール24年3月号

NBA

2023.04.12

レイカーズが逆転勝ちでプレイオフ進出、八村塁は勝利に導く3Pシュートなど12得点

レイカーズ、ホークスがプレイオフ進出決定


現地4月11日(日本時間12日)、NBAはプレイイン・トーナメントがスタート。ウエストでは、レイカーズがホームでティンバーウルブズに108-102で勝利してプレイオフ第7シードを獲得。八村塁は26分36秒出場で12得点をあげて勝利に貢献している。

【動画】八村塁のドライブからの得点を見る

[ティンバーウルブズ(W8位) 102-108 @レイカーズ(W7位)]

→レイカーズが第7シードとしてプレイオフ進出


ホームでの対戦となったレイカーズは1Qリードされる展開に。残り4分46秒、八村がコートに入ると3Pシュート、ドライブからレイアップ、フリースロー2本成功と7得点を奪ったが22-28で1Qを終える。2Q残り3分、レイカーズは47-46と一旦逆転したが、その後再び離されてハーフタイムで49-60とされてしまう(八村はハーフタイムで7得点)。

3Q、レイカーズはレブロン・ジェームズが3Pシュートにダンクを決めるなど7得点。チームに火を付けようとするが、ウルブズはカール アンソニー・タウンズ、カイル・アンダーソンらを中心に得点を伸ばし、80-65と最大15点差を付ける。残り6分、八村がコートに入るとフリースローを決め、マリーク・ビーズリーの得点をアシスト。終了間際、レイカーズはジェームズの得点もあって79-86と7点差で4Qを迎えた。

開始直後、マイク・コンリーの3Pシュートで10点差にされたレイカーズだが、アンソニー・デイビスの3ポイントプレイとレイアップ、デニス・シュルーダーのフリースローで残り8分16秒で86-89と3点差まで迫る。その後、ウルブズが一旦差を広げたが同点で終盤へ。92-92で迎えた残り1.4秒、シュルーダーの3Pシュートでレイカーズは3点リードを奪う。これで勝利かと思われたが。残り0.1秒、コンリーの3Pシュートにデイビスがファウル。3スローを決められてオーバータイムへ。

そのオーバータイム、八村の3Pシュート、シュルーダーのレイアップで103-98と5点差にするとリードを守って108-102で勝利。ウエスト第7シードとしてプレイオフスポットを勝ち取った。八村は26分36秒、3Pシュート2本を決めて12得点、2リバウンド、1アシストをマークしている。

[ホークス(E8位) 116-105 @ヒート(E位)]

→ホークスが第7シードとしてプレイオフ進出


敵地での対戦となったホークスは1Q、トレイ・ヤングは5得点5アシストと牽引し36-27と好スタート。ハーフタイムで15点リードを作ると4Q6点差まで迫られたものの116-105で逃げ切り。イースト第7シードを勝ち取ってプレイオフ進出を決めた。ヒートは現地4月14日(日本時間15)日に、明日行われるブルズ対@ラプターズの勝者と第8シードを賭けて対戦する。








【2023 NBAプレイイン・トーナメント試合予定】

E:イースト、W:ウエスト、@:ホーム

■現地4月12日(日本時間13日)
[ゲーム3]ブルズ(E10位)×@ラプターズ(E9位)・東部時間19:00(日本時間8:00)
[ゲーム4]サンダー(W10位)×@ペリカンズ(W9位)・東部時間21:30(日本時間10:30)

■現地4月14日(日本時間15日)
[ゲーム5]ゲーム3勝者×ヒート・東部時間19:00(日本時間8:00)
[ゲーム6] ゲーム4勝者×ティンバーウルブズ・東部時間21:30(日本時間10:30)
→共に勝者は第8シードとしてプレイオフ進出

【2023 NBAプレイオフ1回戦ゲーム1予定】
■4月15日(日本時間16日)
・ネッツ×@シクサーズ・東部時間13:00(日本時間2:00)
・ホークス×@セルティックス・東部時間15:30(4:30)
・ニックス×@キャバリアーズ・東部時間18:00(7:00)
・ウォリアーズ×@キングス・東部時間20:30(9:30)

■4月16日(日本時間17日)
・レイカーズ×@グリズリーズ・東部時間15:00(4:00)
・E8位シード×@バックス・東部時間17:00(6:30)
・クリッパーズ×@サンズ・東部時間20:00(9:00)
・W8位シード×@ナゲッツ・東部時間22:30(11:30)




PICK UP

RELATED