月刊バスケットボール24年3月号

[全国ミニバス]島根・東出雲ダッシュスターズが今大会2勝目、香川・栗林スポーツ少年団は最後まで集中してプレイ

東出雲ダッシュスターズが今大会2勝目


3月31日、「第54回マクドナルド全国ミニバスケットボール大会」男子最終日、東出雲ダッシュスターズ(島根)と栗林スポーツ少年団(香川)が対戦。1Qから攻撃が奏功した東出雲が63-40で勝利し、今大会2勝目を挙げた。

【写真16点】東出雲ダッシュスターズ×栗林スポーツ少年団フォトギャラリーをチェック

【第54回全国ミニバス全試合配信「バスケットLIVE」】

東出雲はティップオフのボールをキャッチした#13永見旺也がそのままレイアップを決めて先取点。さらに#12中村青空の得点などで8-2と好スタートを切る。#7谷信志のフリースロー以降、得点が止まっていた栗林は#4堀上隼希がゴール下で、#5山﨑翔太がミドルシュートで得点して残り2分半で同点に。そして残り2分、#7谷のシュートで10-8と逆転する。
クォーター終盤、今度は東出雲が流れを掴む。#13永見のシュートで同点にすると、ディフェンスからの早い展開で#12中村、#13永見が得点。6点差としたが、栗林は最後に#4堀上がブザービーターを決め、東出雲の14-10で1Qを終えた。

ベンチスタートが出場しての2Q、栗林はパスを回しドリブルで仕掛けてインサイドでの得点を狙っていく。#11財津舜太がディフェンスと接触しながら難しいシュートを決めると、#9佐竹健太郎、#18宮脇晴人がフリースローで追加点を奪う。しかし、東出雲もパスを回していって#7恒藤龍之介が右コーナーからのロングシュート、さらに#4東凛人の3ポイント、#11大塚律貴のレイアップと得点を重ねる。残り3分で東出雲が23-18と5点リードする。

クォーター終盤、栗林は#18金織のシュートで一旦同点に。その後、東出雲は#6賀元蒼明がフリースロー、レイアップで追加点。さらに終了間際、#11大塚律貴らシュートを決めて30-23としてハーフタイムを迎えた。

3Q、東出雲は#12中村、#6賀元らが連続得点。栗林のエース#6山﨑亮太に何度も得点されたが、41-31とリードを広げる。そして勝負の4Q、東出雲は#6賀元が得点源に。栗林は#6山﨑亮がロングシュートなどを高い確率でシュートを沈めていくが、残り3分で東出雲の51-35と徐々に点差が離れていく。
その後、栗林は双子の弟#6山﨑亮に続いて#5山﨑翔も3ポイントプレイにロングシュートと活躍。最後まで集中力を保ってプレイしたが、東出雲が63-40で2勝目を挙げた。

「全国ミニバス2023」男子最終日(3/31)コート別試合予定(リアルタイム速報あり)をチェック

『全国ミニバス2023』特設ページ(スコア速報・日程・出場校&選手名鑑・トーナメント表)


\名鑑も掲載!! 全国ミニバスは4/25発売『月刊バスケットボール6月号』でお届け/

文/広瀬俊夫(月刊バスケットボールWEB)

タグ: 全国ミニバス2023

PICK UP

RELATED