月刊バスケットボール8月号

[全国ミニバス]茨城・大野スポーツ少年団が全員バスケで勝利、富山・上市ミラクルズクラブも見せ場を作る

スタートダッシュに成功した大野スポーツ少年団が勝利


3月28日、「第54回マクドナルド全国ミニバスケットボール大会」女子1日目、大野スポーツ少年団(茨城)が上市ミラクルズクラブ(富山)と対戦。スタートダッシュを決めた大野スポーツ少年団がリードを守って51-27で勝利した。

【写真18点】大野スポーツ少年団×上市ミラクルズクラブフォトギャラリーをチェック

 【第54回全国ミニバス全試合配信「バスケットLIVE」】

まず上市、大野それぞれフリースローでチーム初得点。直後に上市は#6上田結心がドライブから得点を奪ったが、大野は#11飯田美羽、#8田村捺貴がドライブから連続得点。さらに#13田中聖絆がスティールから速攻を決めるなど得点を重ねていく。

サイズで劣る上市は、#9澤田結萠がドライブからレイアップを決めるなど、スピードを生かすが、ターンオーバーも出て連続得点が奪えない。#5小野怜暖のゲームメイクから着実に得点していった大野が19-5とリードを作って1Qを終えた。

2Q上市は、#5長澤倫子が仕掛けてファウルをもらってフリースロー、#13本井莉緒奈、#7永原朱莉のシュートで追加点。チーム最長身173cmの#4藤田柚羽がオフェンス・リバウンドから決めるなど良いプレイが続く。一方、大野は寺田政志ヘッドコーチいわく「勝負どころで強い」という#7星野七海、#12山﨑美空が追加点を奪うなどでリードを守り、32-16でハーフタイムを迎えた。

3Q互いにゴール下をしっかりディフェンスし、簡単にゴールを決めさせない。上市は#4藤田が高さを生かして追加点を奪うが、大野は#7星野、#4上岡ひなたが得点源となり、45-21とリードを広げて3Qを終えた。

4Q上市は#5長澤がゴールにアタックし、フリースローで得点。さらに#4藤田もポストプレイから決め、#6上田もフリースローを決める。さらに好ディフェンスも展開したものの、大野がリードを守り切って51-27で勝利した。

「全国ミニバス2023」大会初日(3/28)コート別試合予定(リアルタイム速報あり)をチェック

『全国ミニバス2023』特設ページ(スコア速報・日程・出場校&選手名鑑・トーナメント表)

文/広瀬俊夫(月刊バスケットボールWEB)

タグ: 全国ミニバス2023

PICK UP

RELATED