月刊バスケットボール5月号

NBA

2023.03.24

各チームが残り10試合以下となるも混戦模様、ウエストの上位争いは最後までわからない!

昨年の王者ウォリアーズ

プレイオフ、プレイイン・トーナメント進出チームはどのチームになるか!?


NBAのレギュラーシーズンは各チームの残り試合が10試合以下と大詰めを迎えている。プレイオフ進出確定はイーストで3チーム、ウエストは2チームのみ。東西共にプレイオフ圏内、プレイイン・トーナメント圏内の争いを最後まで楽しむことができそうだ。

【表】現地3月23日終了時点NBA順位表&残り試合予定をチェック

とりわけ注目すべきは、ウエストである。4位サンズ(38勝34敗)から12位ジャズ(35勝37敗)までは何と3ゲーム差。わずか数試合でガラリと順位が変わる可能性がある。ジャパンゲームで来日してくれた昨季のチャンピオン、ウォリアーズはというとホームで29勝7敗(リーグ5位)ながらロードで9勝29敗(リーグ27位)と苦戦。38勝36敗でウエスト6位となっている。それでも残り8試合でロードゲームは3試合。ホームでの強さを考えたら、ロードで1つでも白星を挙げられたらプレイオフ圏内に残る可能性は高そうだ。

勢力図を変えるかもしれないと思われたトレードがいくつもあった今季だが、マーベリックスのカイリー・アービングは右足痛のため欠場がち、サンズのケビン・デュラントは左足首のねんざで欠場が続いている。そのほかのチームも主力の故障などもあって、なかなか万全ともいかない。本日終了時点での最近10試合での勝敗が8勝以上は不在のウエストだけに、最後、どんな順位となっているかはわからない。ファンにとってはドキドキが続く終盤となりそうだ。

一方、イーストはバックス、セルティックス、シクサーズのトップ3は硬い模様。4位キャバリアーズも5位ニックスに5ゲーム差を付けているので、よほどの大不調にならなければプレイオフ進出は濃厚だ。そこに次ぐ5位ニックス、6位ヒート、7位ネッツまでは2ゲーム差という状況なのでこちらもどうなるかはわからない。



文/広瀬俊夫(月刊バスケットボールWEB)

タグ: NBA

PICK UP

RELATED